コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大山詣り

4件 の用語解説(大山詣りの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

大山詣り

古典落語の演目のひとつ。上方では「百人坊主」と題する。三笑亭夢楽が得意とした。オチは地口オチ。主な登場人物は、職人。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おおやままいり【大山詣り】

落語。原話は狂言《六人僧》。酔って暴れると坊主にされる約束で江戸っ子大山詣りをした。帰路の神奈川宿で暴れた熊公は坊主にされ,置きざりにされた。熊公は通し駕籠で一足早く長屋へ帰って女房たちを集め,連中は船が転覆して死んだので,助かった自分は坊主になったと頭を見せて女房たちを坊主にする。帰った連中が怒ると,年長者が〈お山は晴天,家へ帰れば,みなお毛が(怪我)なくっておめでたい〉。落ちは地口落ち。【興津 要

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おおやままいり【大山詣り】

大山もうで 」に同じ。
落語の一。大山詣りの際、酔って暴れたので丸坊主にされた熊公が、他の仲間より早く江戸に着いて皆は溺死したと偽り、女房たちを尼にする。上方では「百人坊主」と言い、伊勢詣りに設定。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大山詣り
おおやままいり

落語。江戸の人々が大山参詣(さんけい)に出かけた。道中で酒を飲んで暴れた者は坊主にするという約束だった。帰りに神奈川宿で熊(くま)公が酔っぱらい、2階でいびきをかいて寝ているところを、約束だといって丸坊主にされる。翌朝早く、まだ寝ている熊公を置き去りにして皆は行ってしまう。目を覚まし丸坊主に気づいた熊公は、一策を案じ、通り駕籠(かご)に乗って、ほかの者たちよりも早く江戸に帰る。早速ほかの連中の女房を集め、帰途船がひっくり返って全員溺死(できし)し、自分1人助かったので、皆の菩提(ぼだい)を弔うため坊主になったという。すっかり信用して悲しんだ女房連中も皆、坊主になる。そこへ一行が帰ってくる。年長者がめでたいという。「なにがめでてえんだ」「お山は晴天、家へ帰りゃ皆お毛が(怪我(けが))なくっておめでたい」。上方(かみがた)では「百人坊主」とよんでいる。昔の講中の大山参詣風景を伝える好資料でもある。[関山和夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大山詣りの関連キーワードアラベスク自然淘汰ジーメンス舞踏NVHTグッドウィル

大山詣りの関連情報