コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山本宣治 やまもとせんじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山本宣治
やまもとせんじ

[生]1889.5.28. 宇治
[没]1929.3.5. 神田
生物学者,社会運動家。 1907年渡米,08年カナダに渡り,11年帰国後,第三高等学校,東京大学動物学科を卒業,20年京都大学理学部,同志社大学講師となった。 25年京都学連事件に関係したとして同志社大学を,26年には京都大学を追われ,28年2月第1回普通選挙で労働農民党に推され日本最初の無産政党代議士となった。同年議会に提出された緊急勅令治安維持法に反対。このためもあって 29年3月神田神保町の宿舎光栄館で,面会を求めてきた右翼団体七生義団黒田保久二と論争中に刺され,同夜絶命した。『山本宣治全集』 (1949) がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

やまもと‐せんじ〔‐センヂ〕【山本宣治】

[1889~1929]生物学者・政治家。京都の生まれ。東大卒。サンガー夫人来日を機に産児制限運動に従事、以後、社会主義運動に近づき、第1回普通選挙労働農民党から出馬し、当選。治安維持法の改悪に反対して活動中、右翼に暗殺された。著「性教育」「恋愛革命」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

山本宣治【やまもとせんじ】

生物学者,社会運動家。京都府出身。1907年カナダに渡って苦学し,帰国後東大動物学科卒。同志社大,京大講師。1925年の京大学連事件の余波で解職。産児制限運動を通じて無産運動に入った。
→関連項目暗殺

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山本宣治 やまもと-せんじ

1889-1929 大正-昭和時代前期の生物学者,政治家。
明治22年5月28日生まれ。同志社大,京都帝大の講師として性科学の普及につくす。産児制限運動,労働・農民運動にとりくみ,昭和3年第1回普通選挙で労働農民党から当選。三・一五事件後唯一の共産党系代議士として奮闘するが,昭和4年3月5日右翼の黒田保久二に刺殺された。41歳。京都出身。東京帝大卒。
【格言など】山宣一人孤塁を守る(昭和4年全国農民大会で)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

山本宣治

没年:昭和4.3.5(1929)
生年:明治22.5.28(1889)
大正昭和初期の社会運動家,労働農民党代議士。京都市に生まれる。神戸中学中退後,独学で社会主義文献にふれる。明治40(1907)年から44年までカナダに渡り,さまざまな労働に従事しながら苦学。帰国後,三高を経て大正9(1920)年に東京帝大理学部を卒業。同志社,京大の講師を勤めた。性科学の普及運動を推進し,11年ころから労働運動などを通じて産児制限運動の指導者として活躍,同時に本格的に左派系の社会運動とのかかわりを深め,学生運動,日本農民組合,政治研究会などの活動に関与するようになる。昭和2(1927)年労働農民党京都府連合会委員長。3年の第1回普通選挙に労働農民党公認で京都から当選。3・15事件後に同党が解散してからは政治的自由獲得労農同盟に属し,唯一の共産党系代議士として活動していたが,4年3月の56議会会期中に右翼団体七生義団の黒田保久二に刺殺された。<著作>『山本宣治全集』<参考文献>佐々木敏二『山本宣治』

(有馬学)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やまもとせんじ【山本宣治】

1889‐1929(明治22‐昭和4)
日本最初の無産党代議士。生物学者。京都生れ。病弱のため神戸一中を中退する。1907年カナダに渡り,皿洗い園丁などをしつつハイ・スクールに学んだ。この間ユニテリアン派クリスチャンとなり,進化論,さらに社会主義に関心を寄せた。11年帰国,三高,東京帝国大学理学部を経て,20年同志社大学京都大学の講師となる。性科学を専攻した。22年M.H.サンガーの来日を機に《山峨女史家族制限法批判》を著し九津見房子らと産児制限運動にのりだし,労働運動とも結合を図りながら活動した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

やまもとせんじ【山本宣治】

1889~1929) 生物学者・政治家。京都府生まれ。東大卒。産児制限運動を通じ、無産運動に入る。1928年(昭和3)第一回普通選挙に労働農民党から立候補し当選。治安維持法改悪に反対して活躍中、右翼により暗殺された。著「無産者生物学」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山本宣治
やまもとせんじ
(1889―1929)

大正・昭和時代の生物学者、政治家。明治22年5月28日京都市に生まれる。宇治の料理旅館「花やしき」は生家の別宅。カナダへ留学後、東京帝国大学を卒業し京都帝国大学、同志社大学の講師となる。1928年(昭和3)労働農民党から代議士となり、治安維持法改悪に反対するなど無産者のための政治家として活躍したが、翌1929年3月5日右翼により刺殺された。山本は「死物学」ならぬ「生物学」、すなわち「生命の科学」を追究、従来隠蔽(いんぺい)されていた性の領域を科学的に開拓した。それはアカデミーの枠内にとどまらず、人々の生活に直結するものであった。1922年(大正11)にはサンガー夫人来日を契機に産児調節運動に乗り出し、雑誌『産児調節評論』(のち『性と社会』と改題)を創刊。労働者や農民に親しく接して人気を博し、「山宣(やません)」の愛称でよばれていた。その死にあたっては各地で労農葬が営まれた。[成田龍一]
『佐々木敏二著『山本宣治』上下(1974、1976・汐文社/改訂版・1998・不二出版) ▽『山本宣治全集』全7巻(1979・汐文社) ▽西口克己著『山宣』(1959・中央公論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の山本宣治の言及

【産児制限】より


[日本における産児制限運動]
 20世紀初頭に新マルサス主義が日本に紹介されたが産児制限運動にはつながらなかった。1918,19年ころ安部磯雄山本宣治その他の進歩的社会運動家が日本文化進展のため産児制限の必要を説き,また当時神戸の貧民街で救療に従事していた馬島僴(かん)(1893‐1969)は医療救済の観点からこの運動を始めた。アメリカ留学中にサンガーを知った石本(のちの加藤)シヅエも帰国,紹介した。…

※「山本宣治」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

山本宣治の関連キーワードサンガー(Margaret Sanger)対華非干渉運動武器なき斗い朝山 新一河上丈太郎山本 宣治安田徳太郎産児調節大山郁夫労農党

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山本宣治の関連情報