コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大山鳴動して鼠一匹 タイザンメイドウシテネズミイッピキ

2件 の用語解説(大山鳴動して鼠一匹の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

大山(たいざん)鳴動(めいどう)して鼠(ねずみ)一匹(いっぴき)

事前の騒ぎばかりが大きくて、実際の結果が小さいこと。
[補説]もともとは、ラテン語のParturiunt montes, nascetur ridiculus mus.(山々が産気づいて、こっけいなハツカネズミが一匹生まれる)から出た西洋のことわざ。「大山」は「泰山」とも書く。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たいざんめいどうしてねずみいっぴき【大山鳴動して鼠一匹】

前触れの騒ぎばかりが大きくて、実際の結果の小さいことのたとえ。 〔「大山」は「泰山」とも書く〕

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大山鳴動して鼠一匹の関連情報