コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大平正芳内閣 おおひらまさよしないかく

2件 の用語解説(大平正芳内閣の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

大平正芳内閣【おおひらまさよしないかく】

自由民主党単独内閣。(1)第1次。1978年12月7日〜1979年11月9日。福田赳夫内閣の後をうけて組閣。一般消費税の導入,増税による財政再建を図ったが,このため1979年の総選挙に敗北。
→関連項目小渕恵三

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大平正芳内閣
おおひらまさよしないかく

昭和後期、大平正芳を首班として組織された第一次、二次にわたる内閣。[編集部]

第一次

(1978.12.7~1979.11.9 昭和53~54)
1978年(昭和53)12月自民党総裁選に敗れ退陣した福田赳夫(ふくだたけお)内閣にかわって成立。「信頼と合意」を合いことばに独自の「部分連合論」をもって保革伯仲の政治状況に対応しようとした。また「総合安全保障戦略」「家庭基盤の充実計画」「地方田園都市計画」の三つを基本政策に掲げ、福田内閣の「タカ派」的姿勢とは対照的に、保守正統派の系譜に沿ったハト派的姿勢を強調した。しかし「鈍牛」といわれたように「善政をするより悪政をしない」ことを重視する首相大平正芳の政治体質と党内支持基盤の弱さから、国民の目には実行力に乏しい見栄えのしない政権に映った。1979年6月の東京サミットの成功などを背景に10月総選挙に臨んだが、増税問題、公費天国で世論の反発を受け敗北する。[伊藤 悟]

第二次

(1979.11.9~1980.7.17 昭和54~55)
党内派閥対立による「40日間抗争」を経て成立。そこでのしこりを残したまま1980年5月16日、内閣不信任案を自民党反主流派の欠席で可決され、総選挙に突入、選挙戦中の6月12日大平の急死でピリオドを打った。[伊藤 悟]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大平正芳内閣の関連キーワード新自由クラブ保守合同連立内閣単独内閣日本民主党自由民民主自由党SLD倉石忠雄根本竜太郎

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大平正芳内閣の関連情報