コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福田赳夫内閣 ふくだたけおないかく

2件 の用語解説(福田赳夫内閣の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

福田赳夫内閣【ふくだたけおないかく】

1976年12月24日〜1978年12月7日。自由民主党単独内閣。不況下に〈経済の福田〉を自任して発足したが,景気回復は難航。また1977年秋ごろからの異常な円高や日本の国際収支の大幅な黒字に対し海外から非難を浴びた。
→関連項目大平正芳内閣国民栄誉賞

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

福田赳夫内閣
ふくだたけおないかく

(1976.12.24~1978.12.7 昭和51~53)
1976年12月の総選挙敗北の責任をとって退陣した三木武夫(みきたけお)内閣にかわって成立。ロッキード事件、三木おろしなどでぐらついた保守支配を保守本流体制の再構築によって立て直し、経済的にはオイル・ショック後の構造的不況の克服を課題とした。外交面では懸案であった日韓大陸棚協定批准、日中平和友好条約調印を果たしたほか、二度にわたる訪米、サミット(先進国首脳会議)への出席、中東・ASEAN(アセアン)諸国歴訪など一定の成果をあげたが、景気回復には失敗した。また元号法制化への取り組みや有事立法などにみられたタカ派的姿勢は国民の反発を招いた。福田赳夫は1978年11月の自民党総裁選予備選挙で予想に反し大平正芳(おおひらまさよし)に大差で敗れ本選挙を辞退、12月内閣は総辞職した。[伊藤 悟]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

福田赳夫内閣の関連キーワード嘉元嘉保嘉禄寛延寛治建保弘化正平天保徳治

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

福田赳夫内閣の関連情報