大権事項(読み)タイケンジコウ

百科事典マイペディアの解説

大権事項【たいけんじこう】

旧憲法(大日本帝国憲法)下で帝国議会の協賛を経ずに天皇自ら統治権を行使できた事項。大権行使の形式から宮務,統帥(とうすい),国務の各大権に分かれ,それぞれ異なった輔弼(ほひつ)機関の輔弼を受けて行使された。皇室事務,軍隊の指揮統率,法律の裁可,帝国議会の召集,緊急勅令の発布,文武官の任免,官制制定,軍の編制,宣戦,戒厳宣告等に及び,議会の地位を弱めた。→統帥権非常大権
→関連項目大日本帝国憲法大本営天皇天皇制

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

たいけんじこう【大権事項】

旧憲法で、天皇の大権により行使されると定められた事項。帝国議会の召集・開会・解散、緊急勅令発布、戒厳の宣告、軍の統帥、宣戦・講和、条約の締結、栄典の授与など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android