大竹(市)(読み)おおたけ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大竹(市)
おおたけ

広島県南西端、広島湾に面した市。1954年(昭和29)大竹、玖波(くば)、小方(おがた)の3町と栗谷(くりたに)村が合併して市制施行。広島湾に沿って、JR山陽本線、国道2号、180号が走り、広島岩国道路の大竹インターチェンジがある。市の中心部は小瀬(おぜ)川(木野(この)川)河口のデルタに発達するが、市域のほとんどは中国山地である。大竹地区は、山陽道の渡船集落として発達し、江戸時代には和紙の町として知られた。明治以降、製紙工業やレーヨン工業が立地し、第二次世界大戦中は海兵団も置かれた。戦後、対岸の岩国市(山口県)と結んで石油コンビナートが立地した。玖波は山陽道に沿う宿駅で、本陣跡の洪量館(こうりょうかん)など江戸時代の町並みが残り、市の文化財に指定されている。小瀬川中流には多目的の小瀬川ダムが建設され、その下流に中国地方最大級の弥栄ダム(やさかだむ)が1990年(平成2)に完成し、工業や都市用水を確保している。石油化学や製紙工業にかわる都市型工業の立地が望まれているが、土地のないことが隘路(あいろ)となっている。特産品に手漉(す)き和紙がある。瀬戸内海上の阿多田(あたた)島ではイワシ漁とハマチ、タイ、カキなどの養殖が盛んである。北部の三倉岳(みくらだけ)(702メートル)は、ハイキングやキャンプに適し、県立自然公園となっている。市街地の中心近くにある亀居城跡(かめいじょうあと)はサクラの名所で、本丸跡地から瀬戸内海が望まれる。面積78.66平方キロメートル、人口2万7865(2015)。

[北川建次]

『『大竹市史』全5冊(1960~1970・大竹市)』


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例