コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大竹[市] おおたけ

2件 の用語解説(大竹[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

大竹[市]【おおたけ】

広島県南西端の市。1954年市制。山口県境の小瀬(木野)川に沿い山陽本線が通じる中心市街は藩政時代以来,和紙の製造が発達,山陽道の渡船集落でもあった。1934年に化学繊維工場が設けられ,1958年ごろから石油化学コンビナートが立地,隣接の岩国市とともに臨海工業地帯を形成して急速に発展。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

おおたけ【大竹[市]】

広島県西部,山口県境に位置する臨海工業都市。1954年大竹,玖波(くば),小方の3町,栗谷,友和の2村が合体,市制。人口3万2850(1995)。化学繊維,紙・パルプ石油化学工業を中心とする大企業が小瀬(おぜ)(木野(この))川三角州新開地に立地し,山口県岩国市と連なって広島湾岸工業地域の一角をなす。市域西部は400~600mの丘陵性山地で,そこから流れ出す小瀬川の谷口に古い市街地がある。大竹の名は《続日本紀》天平6年(734)9月16日条に初出,大滝とも書く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大竹[市]の関連キーワード安芸三嶺道後山阪神工業地帯羅漢山ブロツワフ臨海工業地帯Ελευσίνα鹿島臨海工業地帯堺泉北臨海工業地帯

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone