コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大竹[市] おおたけ

2件 の用語解説(大竹[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

大竹[市]【おおたけ】

広島県南西端の市。1954年市制。山口県境の小瀬(木野)川に沿い山陽本線が通じる中心市街は藩政時代以来,和紙の製造が発達,山陽道の渡船集落でもあった。1934年に化学繊維工場が設けられ,1958年ごろから石油化学コンビナートが立地,隣接の岩国市とともに臨海工業地帯を形成して急速に発展。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おおたけ【大竹[市]】

広島県西部,山口県境に位置する臨海工業都市。1954年大竹,玖波(くば),小方の3町,栗谷,友和の2村が合体,市制。人口3万2850(1995)。化学繊維,紙・パルプ石油化学工業を中心とする大企業が小瀬(おぜ)(木野(この))川三角州新開地に立地し,山口県岩国市と連なって広島湾岸工業地域の一角をなす。市域西部は400~600mの丘陵性山地で,そこから流れ出す小瀬川の谷口に古い市街地がある。大竹の名は《続日本紀》天平6年(734)9月16日条に初出,大滝とも書く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大竹[市]の関連キーワード佐原健二プリンスセダン AISH-2型小島信夫いわき(市)自衛隊次郎長三国志山の音アルジェリア戦争道路整備計画マン

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone