コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大谷広右衛門(初代) おおたに ひろえもん

2件 の用語解説(大谷広右衛門(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大谷広右衛門(初代) おおたに-ひろえもん

1666-1721 江戸時代前期-中期の歌舞伎役者。
寛文6年生まれ。天和(てんな)のころ江戸の舞台をつとめ,元禄(げんろく)中ごろには敵役の名優として大立者にすすみ,江戸敵役の祖といわれた。「当世小国歌舞伎」の仁木入道などで好評を得,以後代々敵役の役者として知られた。享保(きょうほう)6年2月19日死去。56歳。幼名は広吉。俳名は幡風。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大谷広右衛門(初代)

没年:享保6.2.19(1721.3.16)
生年:寛文6(1666)
元禄期の江戸の歌舞伎役者。俳名幡風。役者の百科事典『新刻役者綱目』(1771)に「大谷氏の最初にて江戸根生の敵役の開山」とある。広次,友右衛門など大谷姓を名乗る役者の系統の開祖に当たり,敵役という役柄の元祖とされる役者である。元禄初年から江戸の人気役者として活躍し,恐ろしいなかにもおかしみを混じえた演技を得意とした。2代目はその門弟で,「はなったらし」の異名から窺えるように,これも滑稽味のある敵役として人気があった。以後,広右衛門の名は明治までに6代を数えるが,いずれも敵役の役者である。<参考文献>『日本庶民文化史料集成』6巻

(池山晃)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大谷広右衛門(初代)の関連キーワード元禄歌舞伎役者論語歌舞伎役者役者子供金子吉左衛門玉井権八玉川歌仙段助近松勘之助中村勘之丞

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone