コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大阪国際空港 おおさかこくさいくうこうOsaka International Airport

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大阪国際空港
おおさかこくさいくうこう
Osaka International Airport

兵庫県伊丹市大阪府池田市豊中市にまたがる空港。2008年の空港法で定められた拠点空港の国管理空港で,旧第1種空港にあたる。総面積 3.11km2。用地の 73%を伊丹市が占めることから伊丹空港としても知られる。それまで木津川尻にあった大阪空港に代わるものとして,1939年大阪第2飛行場として開設。第2次世界大戦中は軍に供用され,戦後はアメリカ軍に接収されたが,1958年に返還された。翌 1959年に第1種空港に指定され,大阪国際空港と改称。1970年には従来の A滑走路(1828m)に加え B滑走路(3000m)も完成した。ところが,空港の面積が狭いうえ,周辺には人家が密集していることから騒音問題が深刻化,1969年と 1971年には周辺住民から国を相手に夜間の飛行禁止と損害賠償を求める訴えがなされ(→伊丹空港騒音事件),1976年7月からは国際線,国内線ともに夜間の発着をとりやめることとなった。その代替空港として関西国際空港が建設され,1994年の開港と同時に国内線の一部と国際線が移された。発着枠は 370枠を上限として,ジェット機 200枠,プロペラ機 170枠。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

おおさか‐こくさいくうこう〔おほさかコクサイクウカウ〕【大阪国際空港】

兵庫県伊丹市にある空港。会社管理空港の一。昭和33年(1958)開港。国内・国際線ともに京阪神地域の輸送拠点であったが、平成6年(1994)の関西国際空港の開港後は、特別な場合を除いて国内線専用となった。伊丹(いたみ)空港。→拠点空港

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

大阪国際空港【おおさかこくさいくうこう】

兵庫県伊丹市,一部は大阪府豊中・池田両市にまたがる空港。伊丹空港とも。1937年逓信省の飛行場として開港,1959年に第1種空港に指定され,現在の空港名になる。
→関連項目伊丹[市]大阪[府]空港兵庫[県]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大阪国際空港
おおさかこくさいくうこう

兵庫県伊丹(いたみ)市と、大阪府豊中(とよなか)市・池田市にまたがる会社管理空港。伊丹空港ともよばれる。総面積約311万平方メートル。1828メートルと3000メートルの2本の滑走路がある。かつては国際線12バース、国内線16バースをもつ関西の空の表玄関であったが、1994年(平成6)9月の関西国際空港開港後は国内線の運行のみとなった。民間企業の関西エアポート株式会社が運営し、特殊会社の新関西国際空港株式会社が用地・施設を保有・管理する。2015年(平成27)の年間発着回数は約13万9000回、年間旅客数は約1454万人、年間取扱貨物量は約13万1000トンを数える。大阪国際空港への交通機関としては、モノレール(大阪高速鉄道)と、各地のターミナルからのバス(大阪空港交通など)がある。
 大阪市木津川尻(きづがわじり)の大阪飛行場がその前身であるが、手狭なうえ、飛行場までの交通が不便で、また工場の煙突が障害となり、当時の兵庫県川辺(かわのべ)郡神津(かみつ)村(現、伊丹市)に1939年(昭和14)1月17日移転、大阪第二飛行場(伊丹飛行場)として開場した。航空機の大型化が進むと、長さ830メートルと短い滑走路の伊丹飛行場は敬遠された。そこで拡張工事が始められたが、第二次世界大戦が始まると軍用空港に転用され、敗戦後にはアメリカの空軍基地として接収された。1951年(昭和26)日本の民間航空が再開されると、米軍との共同使用となり、1958年3月米軍から全面返還された。
 1959年(昭和34)7月第1種空港の指定を受け、大阪国際空港と改称して再スタートを切った。東京オリンピック(1964)や日本万国博覧会(1970)などの開催により、空港利用客は年々増加したため、3000メートル滑走路が建設された。一方、航空機騒音が問題化し、地域住民との間で裁判となり、ジェット機の発着回数や使用時間帯などに厳しい制限を受け、伊丹市が空港の撤去まで宣言した。
 このことから、泉州沖5キロメートルに日本初の24時間空港の建設が進められ、1994年(平成6)9月4日関西国際空港が開港した。その間、大阪国際空港の存廃が論議されたが、1990年に存続と決定した。1999年7月には1994年以降閉鎖されていた国際線ターミナルビルが改装されて南ターミナルビルとしてオープン。約400メートルの展望デッキも設置された。
 2012年7月、関西国際空港と経営統合され、空港の管理・運営は同年設立された特殊会社の新関西国際空港株式会社に移管された。その後、コンセッション(事業運営権の売却)が実施され、2016年4月より関西エアポート株式会社による運営が行われている。[位野木壽一・安井 司・編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の大阪国際空港の言及

【伊丹[市]】より

…猪名川西岸の標高30~100m以下の段丘面は,猪名野(稲野)と呼ばれた水田地帯で灌漑用の溜池が多く,最大の昆陽(こや)池は天平年間(729‐749)ごろ僧行基が築造したと伝えられる。豊中市との境にある大阪国際空港(通称,伊丹空港)は,1937年に逓信省の飛行場として建設され,59年に第1種空港に指定,改称された。市街地に近接しているため騒音が深刻な問題となっている。…

【大阪空港公害事件】より

…大阪国際空港は大阪府豊中市,池田市,兵庫県伊丹市の3市にまたがり,空港整備法により1959年7月第1種空港,すなわち国際航空路線に必要な飛行場に指定された。同空港は西日本における民間航空路線網の拠点とされたが,空港の敷地は317haと他の国際空港と比べてきわめて狭く,しかも人家の密集地域に立地されているうえに,発着機の増便と大型化をはかったために,騒音被害などの公害が広範かつ深刻化した。…

※「大阪国際空港」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大阪国際空港の関連キーワード伊丹市と大阪(伊丹)空港日航ジャンボ機墜落事故大阪国際空港ターミナル関西エアポート(株)大阪府豊中市螢池西町新関西国際空港(株)高速道路騒音・振動空港周辺整備機構大阪空港公害訴訟大阪空港公害事件交通騒音・振動中部国際空港国家賠償訴訟大阪府豊中市兵庫県伊丹市移動発生源アメリカ軍兵庫(県)中村 正也豊中(市)

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大阪国際空港の関連情報