都井岬(読み)といみさき

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

都井岬
といみさき

宮崎県最南端の岬。串間市(くしまし)に属す。幅約2キロメートル、長さ約4キロメートルの半島で、日向灘(ひゅうがなだ)と志布志湾(しぶしわん)を分ける。丘陵性山地で最高点は295.3メートル、海岸線は断崖(だんがい)が続く。照葉樹林が茂り、とくに総数約3000本のソテツ自生林はみごとで特別天然記念物に指定されている。また岬全域は草原が広く、半野生馬御崎馬(みさきうま)(岬馬)の生息地である。100頭以上がおり、その起源は高鍋(たかなべ)藩の藩営牧場にある。日本馬と朝鮮馬の交配種といわれ国指定の天然記念物、都井御崎牧(といみさきまき)組合が保護管理にあたっている。ニホンザルも生息している。沖合いの黄金瀬(おごせ)はトビウオの釣り場。日南海岸国定公園(にちなんかいがんこくていこうえん)に属し、JR日南線串間駅よりコミュニティバスで45分。

[横山淳一]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

都井岬
といみさき

宮崎県南部,日南海岸南端にある岬。串間市に属する。古第三紀に属する砂岩頁岩から成る標高 300m内外の山地太平洋に約 4km突き出し,周囲は絶壁をなしている。付近の海はトビウオの産卵地。芝草疎林がなだらかに広がる岬の先端灯台,灯台下に御崎神社がある。周辺のソテツ自生地は特別天然記念物。岬の山地には約 150頭の岬が生息し,天然記念物に指定。道路や宿泊施設が整備され,日南海岸国定公園中心地の1つになっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

都井岬【といみさき】

宮崎県南端,串間市にある岬。低い山地で,東岸は急崖をなし,先端の標高約250mの地に灯台がある。日南海岸国定公園に属し,小型の岬馬繁殖地(天然記念物),ソテツの自生地(特別天然記念物)として有名。串間市街からバス。
→関連項目串間[市]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

とい‐みさき とゐ‥【都井岬】

宮崎県の最南端にある岬。古くから馬の放牧地で、野生馬の岬馬が生息する。特別天然記念物ソテツ自生林がある。日南海岸国定公園の一中心。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

といみさき【都井岬】

宮崎県最南端の串間市にある岬。志布志(しぶし)湾東端にあたり,鰐塚(わにつか)山地を中心にした古第三紀に属する厚い砂岩とケツ岩の標高200m内外の山地が,幅約2km,長さ約4kmにわたって海中に突き出ている。岬の周囲は約100mの海食崖に囲まれ,先端の255mの断崖上に都井岬灯台(光達距離37カイリ)がある。また岬の先端に御崎みさき)神社があり,付近の谷間には3000本をこえるソテツの自生林(特天)がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android