太田 水穂(読み)オオタ ミズホ

20世紀日本人名事典の解説

太田 水穂
オオタ ミズホ

大正・昭和期の歌人,国文学者 日本歯科医学校教授。



生年
明治9年12月9日(1876年)

没年
昭和30(1955)年1月1日

出生地
長野県東筑豊郡原新田村(現・塩尻市)

本名
太田 貞一

別名
別号=みづほのや

学歴〔年〕
長野師範〔明治31年〕卒

経歴
師範学校時代から詩歌を作り、卒業後は長野県内の高小、高女などに勤め、明治41年上京し、日本歯科医学校(のち日本歯科大学)倫理科教授に就任。35年処女歌集「つゆ艸」を刊行、38年には島木赤彦との合著「山上湖上」を刊行して注目され、以後歌人、評論家として活躍する一方、小説、随筆も記した。大正4年「潮音」を主宰して創刊。以後、歌論、古典研究にも多くの業績をのこした。他の歌集として「雲鳥」「冬菜」「鷺・鵜」「螺鈿(らでん)」「流鶯」「老蘇の森」などがあり、評論・研究の分野でも「万葉百首選評釈」「日本和歌史論」などのほか、芭蕉研究でも多くの著書がある。昭和23年日本芸術院会員となった。「太田水穂全集」(全10巻 近藤書店)が刊行されている。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

太田 水穂 (おおた みずほ)

生年月日:1876年12月9日
大正時代;昭和時代の歌人;国文学者。日本歯科大学教授
1955年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android