コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太神山 たなかみやま

2件 の用語解説(太神山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

太神山
たなかみやま

滋賀県南西部,大津市の南東部にある山。標高 600m。湖南アルプスとも呼ばれる田上山群の主峰で,大部分が花崗岩からなる。古くは東大寺藤原京平城京の建築用材としてヒノキが伐採された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たなかみやま【太神山】

田上山,田神山とも書く。滋賀県南部,琵琶湖から流出する瀬田川左岸にある山で,大津市に属する。標高600m。全山がほとんど花コウ岩からなり,風化がはげしく,瀬田川の支流大戸(おおど)川に流出した土砂が瀬田川を埋め,琵琶湖の排水を妨げて,湖岸にしばしば大水害をひき起こした。一帯は古く田上杣とよばれ,松,杉,ヒノキなどが神社・仏閣の建築用材として乱伐されたので,奇岩の露出するはげ山であったが,近年の植林や砂防工事の結果,樹木はふえている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone