コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太神山 たなかみやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

太神山
たなかみやま

滋賀県南西部,大津市の南東部にある山。標高 600m。湖南アルプスとも呼ばれる田上山群の主峰で,大部分が花崗岩からなる。古くは東大寺藤原京平城京の建築用材としてヒノキが伐採された。江戸時代はげ山であったが,明治5(1872)年以来,治山事業が行なわれ,かなり回復した。明治初期には黄玉石,水晶が多量に採掘,輸出された。山頂に智証大師(→円珍開創不動寺があり,田上不動として知られる。東海自然歩道が通じ,三上・田上・信楽県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たなかみやま【太神山】

田上山,田神山とも書く。滋賀県南部,琵琶湖から流出する瀬田川左岸にある山で,大津市に属する。標高600m。全山がほとんど花コウ岩からなり,風化がはげしく,瀬田川の支流大戸(おおど)川に流出した土砂が瀬田川を埋め,琵琶湖の排水を妨げて,湖岸にしばしば大水害をひき起こした。一帯は古く田上杣とよばれ,松,杉,ヒノキなどが神社・仏閣の建築用材として乱伐されたので,奇岩の露出するはげ山であったが,近年の植林や砂防工事の結果,樹木はふえている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android