奥の細道(読み)おくのほそみち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

江戸時代中期の俳諧紀行松尾芭蕉著。1冊。芭蕉みずからは「おくのほそ道」と著わした。元禄2 (1689) 年の旅ののち腹案を練り,何度も稿を改め,同7年初夏には定稿ができ,芭蕉没後の元禄末年,京都の井筒屋庄兵衛が刊行した。同2年3月 27日,門人曾良 (そら) とともに江戸を出発,奥州各地を行脚 (あんぎゃ) し,北陸を経て,8月下旬美濃大垣にいたり,9月6日伊勢の遷宮を拝もうと大垣からで出発するところで終る。関東,奥羽,北陸,東海の 13ヵ国にわたり,全行程約 600里,所要日数約5ヵ月半に及ぶ大旅行の記録で,芭蕉の紀行中最も整った,最もすぐれた作品。この旅に同行した曾良の書いた克明な日記が現存するが,それと比較すると,本書は必ずしも旅の忠実な記録ではなく,実際の旅程との違いや潤色の跡がみられる。そうすることによって紀行全体の起伏と調和をはかっていると思われ,そこに芭蕉の文芸意識あるいは創作意識をうかがうことができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

江戸時代の俳諧紀行文。一冊。松尾芭蕉作。元祿七年(一六九四)以前に成立し、死後の同一五年(一七〇二)刊。元祿二年三月二七日、門弟曾良を伴って江戸深川を出発して、奥州、北陸の名所旧跡を巡り、同年九月六日伊勢に向かうため大垣に到着するまでの、行程約二四〇〇キロメートルの紀行。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版の解説

江戸中期,松尾芭蕉の俳諧紀行文
1702年刊。1689年に門人曽良 (そら) を伴って5か月間奥州・北陸を旅した行程約2400㎞の道中記。種々の古典を援用し,和文脈・漢文脈を交じえた独特の文体で躍動感にみち格調が高い。芭蕉的なもののすべてが結集され,紀行文中の白眉 (はくび) といわれる。作者46歳の作。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

親指シフト

富士通が開発した独自のカナ文字配列とシフト方式を採用したキーボード。1980年に発売されたワープロ専用機、OASYSとともに登場した。日本語の高速入力が可能で、熱烈なファンをもつ。Macintosh用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

奥の細道の関連情報