コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奨学制度 しょうがくせいどscholarship system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奨学制度
しょうがくせいど
scholarship system

優れた能力をもちながら社会的経済的条件のため教育を受ける機会に恵まれない者に,奨学金その他の援助を与えて教育の機会を保障する制度。日本では明治初期,旧藩が自藩出身の貢進生などの学資のめんどうをみたのが端緒で,その後旧藩主,地方団体,実業家などによる育英会が次々と誕生,他方官費による給費生制度も生まれた。育英会の設置数は明治末期 80,大正末期 60,1943年約 600。 1943年,前年の国民教育振興議員連盟の建議がもとで財団法人大日本育英会が生まれ,翌年大日本育英会法が制定されてようやく国家的奨学制度が確立した。同会は第2次世界大戦後改組して日本育英会となり,さらに 2004年に独立行政法人化して日本学生支援機構へと改組された。戦後の育英会による奨学金貸与は高等教育の大衆化を反映し,対象範囲と人数は大幅に拡大されたが,1人あたりの金額は戦前に比べて少なくなっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しょうがく‐せいど〔シヤウガク‐〕【奨学制度】

学術研究を奨励するために、研究者に研究費や賞金を与える制度。
優秀でありながら経済的理由で修学が困難な学生生徒に学資金を貸与または給付して援助する制度。育英制度

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

奨学制度【しょうがくせいど】

育英制度とも。おもに経済的理由のため修学できない者に学資を給与,または貸与してその目的を果たさせようとする制度。慈恵的な考え方のものと社会保障立場に基づくものとがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょうがくせいど【奨学制度】

才能に恵まれながら,経済的に貧しいために教育の機会を得ることが困難な者に対して,社会が特別の援助を与える制度。伝統的に育英制度とも呼ばれてきた。奨学金exhibitionという語はすでにローマ法のなかに見いだされる。イギリスにおいて今日のような意味で奨学事業が行われるようになるのは16世紀の末であり,指導者教育の機関として定評をもつパブリック・スクールは伝統的に学資免除の制度をもっている。1896年および1902年の教育法は,地方教育当局による中等教育,さらには大学への奨学制度の整備を促進し,07年の教育法は公費の援助を受ける中等学校に対して総定員の25%にあたる無償席(無月謝入学者のための特別入学定員枠)を設けることを義務づけている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しょうがくせいど【奨学制度】

能力があるにもかかわらず経済的に修学困難な生徒・学生に学資金を援助する制度。育英制度。
学者に研究費や賞金を与えて研究を奨励する制度。学術研究奨励制度。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

奨学制度
しょうがくせいど

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

奨学制度の関連キーワード教育を受ける権利ローズ奨学制度教育の機会均等中尾 熊喜木村静幽ローズ賞金

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

奨学制度の関連情報