日本学生支援機構(読み)にほんがくせいしえんきこう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本学生支援機構
にほんがくせいしえんきこう

奨学金を貸与するなど生徒・学生等を支援するための文部科学省所管の独立行政法人。英語名はJapan Student Services Organization、略称はJASSO(ジャッソ)。独立行政法人日本学生支援機構法(平成15年法律第94号)に基づいて、2004年(平成16)4月に設立された。本部は東京都新宿区市谷本村(いちがやほんむら)町。

 前身は、日本人学生への奨学金貸与事業を行っていた日本育英会、および留学生交流事業を実施していた日本国際教育協会(1957年設立)、内外学生センター、国際学友会(1940年設立)、関西国際学友会(1956年設立)の各財団法人で、2004年にそれらが統合して独立行政法人日本学生支援機構となった。

 日本学生支援機構は、教育の機会均等のための学資貸与など修学の援助や、大学等が学生等に対して行う修学、進路選択などに関する相談・指導についての支援、留学生交流推進の事業を行い、日本の大学等の学生等に対する適切な修学環境を整備することにより、次代の社会を担う人材の育成と、国際相互理解の増進に寄与することを目的としている。おもな事業は以下のとおりである。(1)経済的理由により修学に困難がある学生等に対し、奨学金の貸与をする奨学金貸与事業。(2)学生生活支援に関する有益な活動事例等の情報を収集・分析し、情報を提供する学生生活支援事業。(3)留学生等に対する奨学金の給付、各種留学生交流プログラムの実施、留学生宿舎の整備、日本留学試験等による入学手続きの改善などの留学生支援事業。2011年3月時点での資本金は1億円、職員数は466人。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本学生支援機構
にほんがくせいしえんきこう

国家的育英奨学機関。学生援護事業を行なう日本育英会,日本国際教育協会,内外学生センター,国際学友会,関西国際学友会に加え,国の実施する学生支援事業を統合し,2004年に独立行政法人として発足した。留学生を含む学生・生徒等に対する学資の貸与および給付のほか,留学生交流推進事業など,広く学生支援事業を行なっている。 (→奨学制度 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

にほん‐がくせいしえんきこう〔‐ガクセイシヱンキコウ〕【日本学生支援機構】

学生支援事業を総合的に実施する文部科学省所管の独立行政法人従来日本育英会が実施していた日本人学生への奨学金貸与事業、日本国際教育協会AIEJ)・内外学生センターなどが実施していた留学生支援事業などを整理・統合して、平成16年(2004)日本国際教育支援協会JEES)とともに設立された。奨学金貸与事業、学生生活支援事業、留学生支援事業を行う。JASSO(ジャッソ)(Japan Student Services Organization)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android