コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

女川町 おながわ

2件 の用語解説(女川町の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

女川町
おながわ

宮城県東部,女川湾に面する町。牡鹿半島の基部に位置する。1926年町制。中心集落の女川は牡鹿半島基部の漁港で,波静かな水深の大きい天然の良港。湾内ではノリ,カキの養殖が盛ん。沖合いの陸前江ノ島仙台藩の重罪犯の流刑地であったが,今日ではウミネコウトウの繁殖地として 1934年国の天然記念物に指定。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

女川町

岩手、宮城の両県にまたがるリアス式海岸の南端にあり、漁業が主産業。震災では最大14・8メートルの津波が町中心部を襲い、死者・行方不明者合わせて827人が出て、3273棟の家屋が全半壊した。震災前に1万14人だった町民は今年2月末時点で6854人になり、被災地の中でも人口減少が特に激しい。

(2016-03-26 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

女川町の関連情報