奴隷解放宣言(読み)どれいかいほうせんげん(英語表記)Emancipation Proclamation

  • どれいかいほうせんげん ドレイカイハウ‥
  • どれいかいほうせんげん〔ドレイカイハウ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アメリカ合衆国の奴隷解放に関してエブラハム・リンカーン大統領が布告した宣言南北戦争において,リンカーンは,1862年9月 17日のアンティータムの戦いで戦況が北部に有利に傾いたとき奴隷解放予備宣言を発した。これは連邦から脱退した南部諸州が 1863年1月1日までに連邦に復帰しなければ,奴隷解放を宣言するという警告であったが,南部諸州がこれに応じなかったため,1863年1月1日,本宣言として布告された。 (1) 反乱中の州の奴隷をすべて自由とし,(2) 解放された黒人に,暴力を慎み,適切な賃金で忠実に働くよう警告し,(3) 彼らに連邦軍隊に参加する機会を与えるなどを規定している。しかし連邦に忠実な奴隷州の奴隷は除外されており,アメリカで奴隷制が法的に廃止されたのは,1865年発効の憲法修正第 13条によってである。 (→黒人奴隷 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南北戦争中リンカーン大統領が発した宣言。1862年9月の予備宣言と翌63年1月1日の本宣言とがある。戦争の勃発(ぼっぱつ)(1861)以来、内戦の目的は、奴隷の解放にあるのか、連邦の維持(国家統一の維持)にあるのかが最大の論争点であった。リンカーンは一貫して戦争の主要目的を連邦の維持に限定し、奴隷解放の問題に関しては、連邦にとどまった奴隷州への影響を考慮して態度を明らかにしなかった。しかし、連邦軍の占領下に置かれた地域の奴隷や、連邦軍支配下の地域に逃亡してくる奴隷の処置は深刻な問題となった。このような軍事上の必要とヨーロッパ諸国からの干渉の危険を排除するために、リンカーンは62年9月22日の予備宣言を経て、63年1月1日付けで、「これ以降、依然として合衆国に対して反乱状態にある地域の奴隷は即時、無償解放される」と宣言する。この宣言は、境界奴隷州や連邦軍占領下の地域を対象から除外し、その実質的効果は限定されたものであったが、内外の世論を連邦軍支持に結び付けるうえで大きな役割を果たし、同時に南北戦争上の大きな画期点となった。

[長田豊臣]

『山口房司著『南北戦争研究』(1985・啓文社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

南北戦争中、アメリカ大統領リンカーンの発した宣言。南部連合の奴隷が永久に自由であることを言明し、北部急進主義者の結束をはかり、世界の同調を得ようとしたもの。一八六二年九月に予備宣言、六三年一月一日に本宣言を行なったが、本質的な奴隷解放は、六五年の合衆国憲法の修正による第一三・一四・一五条の成立によって実現した。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版の解説

1863年1月1日,アメリカ大統領リンカンが南部反乱地域の奴隷制の廃止をした宣言
南北戦争に際して,北部の急進派分裂を防ぎ,南部の戦力を弱め,あわせてヨーロッパ諸国に北部の立場を表明し,その同調を得ようとして出されたもの。1865年の憲法修正第13条によって奴隷解放が実現された。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内の奴隷解放宣言の言及

【黒人問題】より

…黒人に対する差別の歴史はきわめて古いが,奴隷解放以後現在までの経過は,次の六つの段階に分けられる。(1)再建時代 南北戦争中の1863年に出された奴隷解放宣言は,戦争が終わった65年に憲法修正第13条として明文化された。南部が連邦軍の支配下にあったこの時代に,解放された黒人に対する権利保障の法制化が進む。…

※「奴隷解放宣言」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android