好島荘(読み)よしまのしょう

百科事典マイペディアの解説

好島荘【よしまのしょう】

陸奥国磐城(いわき)郡の荘園。荘域は現福島県いわき市中央部から北東海岸部に及ぶ。山城石清水八幡宮領で,事実上は関東御領。1186年開発領主岩城氏が好島郷に石清水八幡宮の御正体(みしょうたい)を勧請して社(飯野八幡宮)を建立,その社領として立荘したとみられる。13世紀初頭の総田数523町余,うち定田297町余。岩城氏はその後地頭職を世襲預所(あずかりどころ)には千葉常胤が補任され,1208年常胤の子大須賀胤信のとき,荘内の夏井川を境に東荘と西荘に分割,東荘預所は大須賀氏が長く相伝するが,西荘は1247年から伊賀氏の世襲となる。幕府への年貢は原則として町別1疋の帖絹。年貢納入などをめぐり地頭と預所の相論が絶えなかったが,15世紀中頃には地頭岩城氏の支配は磐城郡全域に及び好島荘も解体していった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

よしまのしょう【好島荘】

福島県いわき市北部を占めた荘園。1186年(文治2)陸奥国岩城郡飯野郷赤目崎(のち平城の地)に石清水八幡宮より御正体を勧請して岩城郡八幡宮(飯野八幡宮)が創建された。好島荘はその神宮領として立荘されたものであるが,事実上は関東御領であった。鎌倉期には帖絹200疋を幕府に進納し,南北朝期には室町幕府に80貫文,石清水八幡宮に7貫文,それぞれの半分を絹で進納した。東西2荘からなり,東荘は《和名抄》に載る片依,玉造,白田の3郷,西荘は飯野郷の範域に相当するが,立荘のころにはすでに東荘に紙谷,片寄,衣谷など約10村,西荘には好島,東目,飯野,新田,今新田などの諸村が成立していた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の好島荘の言及

【伊賀氏】より

…光宗の弟朝行・光重は翌年には許され将軍の近臣として復活し,光宗ものち赦免され評定衆となり,文官の家として幕府にその位置を占めた。光宗の子光綱の流れは陸奥国磐城好島荘西方預所職を世襲し,在地領主として権力を拡大。しかし室町時代になるとしだいに岩城氏の圧迫を受け,伊賀氏は飯野氏と称して飯野八幡宮(現,福島県いわき市)宮司職をもつ小勢力に衰えていった。…

※「好島荘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android