関東御領(読み)かんとうごりょう

日本大百科全書(ニッポニカ)「関東御領」の解説

関東御領
かんとうごりょう

鎌倉将軍家将軍家が本所(ほんじょ)・領家(りょうけ)となっている荘園(しょうえん)。東北から九州にかけて各地に分布する。御家人(ごけにん)の所領を私領というのに対して、公領ということもある。関東御領の多くは元は平家領の荘園で、いったん朝廷に没収ののち、源頼朝(よりとも)に与えられたもの(平家没官領(もっかんりょう))である。源家累代の荘園、承久(じょうきゅう)の乱(1221)による没収地などもある。関東御領の管理は、将軍家政所(まんどころ)が行い、現地には御家人が預所(あずかりどころ)として派遣されることが多かった。

[入間田宣夫]

『石井進「関東御領研究ノート」(『金沢文庫研究』267号所収・1981.9・神奈川県立金沢文庫)』『同「関東御領覚書」(『神奈川県史研究』50号所収・1983.3・神奈川県史編集委員会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「関東御領」の解説

関東御領【かんとうごりょう】

鎌倉幕府の将軍家直轄領。将軍が本所(ほんじょ)として支配した荘園国衙(こくが)領で,将軍家家領とも。平家没官(へいけもっかん)領や承久(じょうきゅう)の乱後の没収地などの荘園が主体で,御家人を預所(あずかりどころ)や地頭(じとう)に任命して現地を管理させ,幕府の政所が統括し年貢公事などを徴収した。幕府の実権が執権(しっけん)北条氏に移ってからは関東御領の大部分が北条得宗(とくそう)家の家領と化した。
→関連項目平家没官領没官領好島荘

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「関東御領」の解説

関東御領
かんとうごりょう

鎌倉将軍家の直轄領。御家人の私領に対して,公領といわれるもの。幕府成立期には,源頼朝が朝廷から与えられた平家一族の没収地が大部分であったが,承久の乱後,公家公家方武士の所領三千余ヵ所が没収されて将軍家領となった。関東御成敗地 (地頭の任命権が鎌倉将軍にある所領) を含めていうこともある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「関東御領」の解説

かんとう‐ごりょう クヮントウゴリャウ【関東御領】

〘名〙 鎌倉幕府将軍家の直轄領。また、将軍より御家人に与えられた恩給地
※新式目‐弘安七年(1284)五月二〇日「関東御領事、非御家人并凡下之仁、或称相伝請所、或帯沽券質券等、多以領作之由」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版「関東御領」の解説

関東御領
かんとうごりょう

鎌倉幕府の将軍を領主とする荘園所領
主として平家没官領や承久の乱(1221)後の没収地などで,御家人に対してその荘園所職を恩給した。関東御分国とともに,幕府の経済的基盤をなした。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

デジタル大辞泉「関東御領」の解説

かんとう‐ごりょう〔クワントウゴリヤウ〕【関東御領】

鎌倉時代、将軍家の直轄領。また、将軍より御家人に与えた恩給地。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「関東御領」の解説

かんとうごりょう【関東御領】

鎌倉幕府の直轄領で将軍家家領ともいい,将軍が本所として支配した荘園や国衙(こくが)領。将軍は関東御領に対して御家人たちを預所や地頭などに任命して支配を行い,年貢・公事(くじ)などを徴収した。幕府財政にとって関東御領からの収入は相当大きな割合を占めていたと思われるが,残念ながら関東御領全体の規模や収益などを示す史料はまったく残されていない。鎌倉幕府の成立期の1184年(元暦1)初代の将軍源頼朝は,京都の朝廷から平氏一族の旧領500余ヵ所を平家没官領として与えられ,これが関東御領の主要な基礎となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android