コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

如月小春 キサラギコハル

デジタル大辞泉の解説

きさらぎ‐こはる【如月小春】

[1956~2000]劇作家演出家。東京の生まれ。本名、楫屋正子。劇団「綺畸(きき)」で活動、「ロミオとフリージアのある食卓」で注目される。昭和58年(1983)劇団「NOISE」を設立、都市とそこに生きる人間の姿を斬新な技法で描き出した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

如月小春 きさらぎ-こはる

1956-2000 昭和後期-平成時代の劇作家,演出家。
昭和31年2月19日生まれ。東京女子大在学中の昭和51年東大演劇サークルと合同で劇団綺畸(きき)を結成,「ロミオとフリージアのある食卓」などを作・演出した。58年劇団NOISEを設立。パフォーマンスの手法をとりいれ,テクノロジーと演劇の関係を追求。平成12年12月19日死去。44歳。東京出身。本名は楫屋正子。旧姓は伊藤。著作に「都市民族の芝居小屋」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

如月小春の関連キーワードNIPPON CHA! CHA! CHA!砂漠のように、やさしくリア王の青い城小劇場運動中村 伸郎如月 小春稲田恵司夜の学校学生演劇

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

如月小春の関連情報