コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

妻木城 つまぎじょう

1件 の用語解説(妻木城の意味・用語解説を検索)

日本の城がわかる事典の解説

つまぎじょう【妻木城】

岐阜県土岐市にあった中世の山城(やまじろ)。同県指定史跡。比高150~200mほどの急峻な城山の山頂部に本丸・二の丸を、その下の山腹や西の尾根に曲輪(くるわ)を配した縄張りの典型的な中世の山城である。麓には平時の城主の居館が築かれ、妻木城はその詰めの城としての役割を果たした。南北朝時代に美濃国守護の土岐頼貞の九男頼基が妻木郷を与えられて、妻木城を築き、以後、妻木氏を称したといわれている。妻木氏は初め土岐嫡流の守護家に従っていたが、土岐氏が没落すると斎藤氏に臣従した。織田信長が美濃を制圧すると、多くの東美濃の諸将と同様に信長に従い、金山城(可児市)の森可成麾下の武将となった。その後、城主の妻木広忠明智光秀の武将となり戦功をあげたが、1582年(天正10)の本能寺の変後の山崎の合戦羽柴秀吉豊臣秀吉)の軍勢と戦って討ち死にした。しかし、妻木氏の家名は存続し、引き続き妻木城を居城とした。1600年(慶長5)の関ヶ原の戦いでは、城主の妻木頼忠は東軍(徳川方)に属し、西軍(豊臣方)に与した岩村城(恵那市)の田丸具安と戦った。この戦いののち、頼忠は徳川家康から妻木7500石を安堵された。頼忠ののち、妻木氏は頼利・頼次と3代にわたって続いたが、頼次に継嗣がいなかったことから断絶となった。このとき、妻木城も廃城となった。ちなみに城主の妻木氏は代々、陶器生産を奨励し、のちの織部焼・志野焼などにつながる美濃焼の基礎をつくった領主として知られている。城跡には石垣、堀切、土塁などの遺構が残っており、山麓の御殿跡、武家屋敷とともに「妻木城士屋敷跡」としてそれぞれ県史跡に指定されている。また、妻木城の城門が、麓の崇禅寺山門として移築され現存している。JR中央本線土岐市駅からバス、妻木上郷下車。東海環状自動車道の土岐南多治見ICから車で約15分。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

妻木城の関連キーワード土岐市平山城亀山城土岐壺石志野・織部土岐プレミアム・アウトレット土岐美濃焼街道核融合科学研究所幾久泉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone