コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

婦人相談所 ふじんそうだんじょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

婦人相談所
ふじんそうだんじょ

社会生活を営むうえで困難な問題を抱える女性からの相談を受ける公的施設。当初は売春防止法第34条に基づき,売春行為のおそれがある女性を保護し,更生への手助けをする施設として,47都道府県ごとに設置が義務づけられた。2001年に配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律ドメスティック・バイオレンス〈DV〉法)が成立したことにより,配偶者暴力相談支援センターの機能を担う施設の一つと位置づけられた。被害者の自立支援のために,相談,カウンセリング,情報提供,一時保護,同伴児童への対応,婦人保護施設への入所委託などを行なっている。一時保護については相談所内にかぎらず,母子生活支援施設や一定の基準を満たす民間シェルターに委託される場合がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ふじんそうだんしょ【婦人相談所】

売春のおそれのある女性の保護・相談・指導に当たるために設置された施設。現在では女性の相談一般も扱い、配偶者からの暴力防止の拠点として位置づけられている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の婦人相談所の言及

【売春防止法】より

…ここで売春とは,対償を受けまたは受ける約束で不特定の者と性交することをいう。当初は売春およびその相手方となる行為をも処罰すべきだとの考えが強かったが,刑法は私生活にまで介入すべきではなく,弱者たる売春婦には処罰より保護が必要であるなどの意見が反映されて,これらは禁止するが処罰せず,売春の周旋(6条),困惑させて売春させる行為(7条),対償のうわはね等(8条),売春目的の前貸(9条),売春をさせる契約の締結(10条),情を知って場所を提供すること(11条),管理売春営業(12条),情を知って営業資金を提供すること(13条)という売春助長行為の処罰を中心とし,売春を行うおそれのある女子に対しては婦人相談所(34条),婦人相談員(35条),婦人保護施設(36条)によってその保護更生を図ることで売春を防止することとなった。ただ売春の目的で公然と相手方を勧誘した場合には処罰の対象とされ(5条),自由刑の執行を猶予されても裁判所の裁量により補導処分に付され婦人補導院に収容されることがある(17条)。…

※「婦人相談所」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

婦人相談所の関連キーワード配偶者暴力防止法社会生活指導拠点

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

婦人相談所の関連情報