コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子游 しゆうZi-you

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

子游
しゆう
Zi-you

[生]前506
[没]?
中国,春秋時代儒家孔子弟子十哲の一人。呉 (江蘇省) の人。姓は言,名は偃 (えん) 。子游は字。魯国の武城のとなり,善政を行なった。子夏とともに文学にすぐれていたとも,礼に通じていたともいう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しゆう〔シイウ〕【子游】

[前506~?]中国、春秋時代の学者。孔門十哲の一人。(江蘇省)の人。姓は言(げん)、名は偃(えん)。魯(ろ)に仕えて武城の長官となる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しゆう【子游 Zǐ yóu】

前506‐?
中国,春秋時代の人。孔子の門人で十哲の一人。姓は言,名は偃(えん)。子游は字である。孔子の推挙で武城(山東省)の町長となり,天下を治めるのと同様に礼楽を用いたので,孔子が〈鶏を割くにいずくんぞ牛刀を用いんや〉と,たわむれたという。この話からもうかがわれるように,子游は礼を重んじ,子夏の学派が礼の形式に流れたのに反して,礼の精神を強調した。彼とその学派の思想を知りうるものとして《礼記(らいき)》の曲礼や礼運,郊特牲など数編がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しゆう【子游】

前506?~?) 孔門十哲の一人。姓は言、名は偃えん。文学にすぐれ、武城(山東省)の長官となって礼楽を盛んにし、政治の刷新をはかったという。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

子游
しゆう
(前517/前507―?)

孔子(孔丘(こうきゅう))の弟子。姓は言(げん)、名は偃(えん)。子游は字(あざな)。呉(ご)の人(あるいは魯(ろ)の人)。四科十哲の文学にあげられる。孔子に受業ののち、魯の武城(ぶじょう)(山東省)の宰(さい)(長官)となり、礼楽をもって治めて、武城弦歌の誉れがあり、また孔子の弟子となった澹臺滅明(たんだいめつめい)をみいだした。『孟子(もうし)』には、子夏(しか)・子張(しちょう)(前503―?)とともに有若(ゆうじゃく)(前538ころ―前457ころ)を孔子の後継に推そうとして曽子(そうし)に反対されたとある。礼の形式を重んずる客観派の一人であるが、また『論語』子張篇(へん)では、子夏の門人が形式主義であると批判し、「喪は哀を致(きわ)めて止む」などともいっている。[宇野茂彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の子游の言及

【四科十哲】より

…政事には冉有,季路。文学(学問)には子游,子夏〉と見える。徳行,言語,政事,文学の四つのカテゴリーは孔門の四科と呼ばれ,後世,人間の才能の表現のうち,最も重要なものとされる。…

※「子游」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

子游の関連キーワード佑・優・勇・友・右・宥・幽・悠・憂・揖・有・游・湧・猶・由・祐・融・裕・誘・遊・邑・郵・酉・雄チャンシュー(常熟)市司馬相如四科十哲刷新九哲常熟

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

子游の関連情報