コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

季節学 きせつがく

百科事典マイペディアの解説

季節学【きせつがく】

季節推移を,主として自然界景象の変化に関連させて研究する学問開花落葉などの植物季節,鳥の渡りなどの動物季節のほかに,冷暖房の期間などの生活季節,作物季節,商業季節,初雪初霜などの気象現象の季節性なども研究対象になる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

季節学
きせつがく
phenology

生物の季節現象を調べる学問。中国では「物候学」という。影響を与える季節の側に研究の主体のある場合は気候学の一部、影響を受ける側に研究の主体のある場合は生態学の一分野に属するが、一般にはこの両面について研究されているので境界領域にある科学といえる。季節学は自然誌的な季節現象の記載から始まり、実用的には農事暦の形に要約され、生物のさまざまな季節現象を農作業の目安にするようなことが、たとえば「コブシの花が咲いたら豆を播(ま)け」というようなことが行われてきた。
 測器を用いた科学的気象観測が始められてから以後も、開花期日、渡り鳥の渡来期日などが記録されてきたが、長年にわたるこれらの記録は平均され、「生物暦」のようなものもつくられた。には一例として山陰における野鳥暦を示したが、記録の対象としては、植物の開花、落葉、動物としては昆虫、哺乳(ほにゅう)類の行動、魚の旬(しゅん)など、また人間の生活に関係していえば更衣(こうい)のシーズンなど、さまざまな季節現象が考えられるのであり、これらがどんな仕組みで季節変化をおこしているかが調べられているのである。近ごろ、都市生活や野菜のハウス栽培などにおいては季節に従わない人為的影響(たとえば1週間のリズム)が著しいため、季節の影響だけを独立に取り出すことがたいへんむずかしくなっている。[根本順吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

季節学の関連キーワード生物季節観測フェノロジー生物季節応用気象紅葉前線天気

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android