コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

季節的集落 きせつてきしゅうらくseasonal settlement

2件 の用語解説(季節的集落の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

季節的集落
きせつてきしゅうらく
seasonal settlement

農民,漁民,遊牧民など,ある地域の住民が季節によって他地域に移動してつくる集落。夏期の臨時集落である白山山麓や赤石山地の出作り集落,夏の村と冬の村をもち,季節的に居住の場所を変えるラップ人らの集落,アルプス河谷の牧養集落などがよく知られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きせつてきしゅうらく【季節的集落】

特定の季節によって,居住地を変える集落であり,季節村,あるいは回帰的集落ともいわれる。これは移動集落の一種である。この集落は垂直的移動と水平的移動に二大別される。前者の事例としては,スイスのアルプス山岳地帯において夏季に高地へ移動する移牧集落があり,日本では第2次大戦前まで白山山麓の白峰村や乗鞍岳東斜面でみられた夏季出作(でづくり)集落などがある。出作り源地ともいうべき居住地(居村または親村。白峰村ではこれを地下(じげ)といった)は,農耕地が狭少で零細的農業経営であり,それに加えて豪雪地帯のため,生活の糧を得る手段として夏季に家族で山地に入り出作小屋を建て,焼畑により開墾し,若干なりとも耕地を拡張した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone