コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇津ノ谷峠 うつノやとうげ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宇津ノ谷峠
うつノやとうげ

静岡県中部,静岡市藤枝市の境にある旧東海道の峠。標高 170m。平安時代以来「細道」にちなむ難所として知られた。国道1号線のトンネルが通じている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

宇津ノ谷峠

静岡県静岡市と同県藤枝市岡部町にまたがり存在する道の駅。国道1号に沿う。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うつのやとうげ【宇津ノ谷峠】

静岡市西部の宇津ノ谷と志太郡岡部町坂下との間の峠。宇都谷峠とも書く。標高180m。東海道の丸子(まりこ)宿と岡部宿との間の難所で,この山地の峠越えは,海岸に沿った日本坂,国道1号線のやや南にある〈蔦(つた)の細道〉から宇津ノ谷峠越えへと変遷した。宇津ノ谷トンネルの開通は旧道1876年,旧国道1号線1930年,新国道59年。《伊勢物語》に〈駿河なる宇津の山べのうつつにも夢にも人にあはぬなりけり〉と歌われて東海道の名所となり,河竹黙阿弥の《蔦紅葉(つたもみじ)宇都谷峠》の舞台ともなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

うつのやとうげ【宇津ノ谷峠】

静岡県宇津山の南側の峠。古来難所として知られた。「伊勢物語」中の「蔦の細道」、黙阿弥の「蔦紅葉つたもみじ宇都谷峠」で有名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔静岡県〕宇津ノ谷峠(うつのやとうげ)


静岡県中央部、静岡市と藤枝(ふじえだ)市の間にある峠。標高約160m。大崩(おおくずれ)海岸を避けて内陸を迂回(うかい)した旧東海道が通った。1959年(昭和34)、旧峠の西100m地点に国道1号のトンネルが開通、さらに1998年(平成10)には同国道の岡部バイパスに新宇津ノ谷トンネルが開通した。南西側の「蔦(つた)の細道(ほそみち)」は古くから紀行文や歌に詠()まれた旧東海道の名所で、ハイキング客が多い。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宇津ノ谷峠
うつのやとうげ

静岡市駿河(するが)区宇津ノ谷と藤枝(ふじえだ)市岡部町(おかべちょう)岡部坂下との間にある峠。標高約170メートル。東海道の丸子(まりこ)と岡部宿との間に位置し、難所の一つとして知られた。奈良時代は、海岸部の日本坂を越えるのが普通であったが、急峻(きゅうしゅん)なため、平安中期以後は『伊勢(いせ)物語』の「……宇津の山にいたりて、わが入らむとする道はいと暗う細きに、蔦楓(つたかえで)は茂り……」に由来する蔦の細道の古道が利用された。現在、頂上付近に在原業平(ありわらのなりひら)がよんだ「駿河なる宇津の山辺(やまべ)のうつつにもゆめにも人にあわぬなりけり」の歌碑がある。近世初期、街道整備により、蔦の細道にかわって、その北の鞍部(あんぶ)が旧東海道の宇津ノ谷峠となり、古道は廃止された。ここは河竹黙阿弥(もくあみ)の世話物の代表作『蔦紅葉(つたもみじ)宇都谷峠』の文弥(ぶんや)殺しの舞台となった所。明治以後、1876年(明治9)、1930年(昭和5)、1959年(昭和34)、1998年(平成10)の4回にわたって峠下にトンネルが構築された。1959年完成の新宇津ノ谷トンネルと1998年完成の平成宇津ノ谷トンネルを国道1号が走り、また蔦の細道はハイキングコースとなっている。[北川光雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

宇津ノ谷峠の関連キーワード静岡県静岡市駿河区宇津ノ谷岡部(静岡県の地名)静岡県静岡市岡部[町]安倍山地丸子遺跡蔦紅葉紀行文迂回内陸

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宇津ノ谷峠の関連情報