コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇都宮黙霖 うつのみやもくりん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宇都宮黙霖
うつのみやもくりん

[生]文政7(1824).10. 安芸長浜
[没]1897.9.15. 呉
江戸時代末期の勤王僧。僧名は覚了,鶴梁。黙霖と号した。本願寺の僧として尊王討幕運動に奔走慶応2 (1866) 年還俗して宇都宮雄綱と称する。明治になって湊川神社男山八幡宮神官歴任

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宇都宮黙霖 うつのみや-もくりん

1824-1897 幕末-明治時代の僧。
文政7年9月生まれ。浄土真宗本願寺派。勤王をとなえ,吉田松陰,頼三樹三郎(らい-みきさぶろう)らとまじわる。安政の大獄,第1次幕長戦争の際に投獄される。慶応2年還俗(げんぞく)して真名介(まなのすけ)雄綱を名のる。維新後は湊川神社,男山八幡宮の神職をつとめ,明治10年隠退して大蔵経の和訳にあたった。明治30年9月15日死去。74歳。安芸(あき)(広島県)出身。字(あざな)は絢夫。僧名は覚了,鶴梁。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

宇都宮黙霖

没年:明治30.9.15(1897)
生年:文政7.9(1824)
幕末の勤王僧。安芸国(広島県)賀茂郡の僧の子に生まれる。3歳の年養子に出され,21歳の年病により耳と発声に障害を受けた。翌年本願寺の僧籍に入り諸国を巡歴,徹底した尊王論者となる。安政3(1856)年8月萩に至り,文通によって吉田松陰の思想形成に刺激を与えた。慶応2(1866)年に還俗。明治4(1871)年勤王の功により士族に列せられ終身3人扶持を与えられ,同6年湊川神社,次いで石清水八幡宮の神官に任命されるが程なく罷免され,のち故郷の呉に隠棲して74歳で没した。<著作>『幽後集』『耳順一賀』<参考文献>知切光歳『宇都宮黙霖』

(井上勲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うつのみやもくりん【宇都宮黙霖】

1824‐97(文政7‐明治30)
幕末期の勤王僧。僧名は覚了,鶴梁。名は雄綱。安芸国長浜の僧家に生まれ,諸国を遊歴して勤王の志士と交わり,安政の大獄で一時捕らえられた。吉田松陰の討幕思想にも影響を与えたといわれる。第1次長州征伐の際に広島に潜入,再度捕らえられた。のち還俗。1869年(明治2)大阪府貫属となり,のち湊川神社,男山八幡宮の神官を務めた。【井上 勝生】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宇都宮黙霖
うつのみやもくりん
(1824―1897)

幕末の僧侶(そうりょ)で、倒幕論のうえにたった尊王論を唱える。安芸(あき)国(広島県)長浜の人。私生児として生まれ、幼名を采女(うねめ)、1845年(弘化2)に本派本願寺の僧籍に入って覚了と唱え、このころから黙霖とも称した。のち還俗(げんぞく)して宇都宮真名介(まなのすけ)。病のため聾吃(ろうきつ)となったが、諸国を遍歴して志士と交わる。とくに勤王僧月性(げっしょう)と親交があり、吉田松陰(しょういん)と論争して、松陰に倒幕論への思想転換の機を与えた。66年(慶応2)広島藩の牢(ろう)につながれ、69年(明治2)出獄。73年教部(きょうぶ)省から湊川(みなとがわ)神社および男山八幡宮(おとこやまはちまんぐう)の神官に任命されたが数か月で罷免、78年ごろから故郷へ隠棲(いんせい)した。[田中 彰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

宇都宮黙霖の関連キーワード知切 光歳知切光歳

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android