コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇野宗佑 うのそうすけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宇野宗佑
うのそうすけ

[生]1922.8.27. 滋賀,守山
[没]1998.5.19. 滋賀,守山
政治家。 1943年学徒出陣で神戸商業大学を中退。 51年滋賀県会議員,河野一郎の秘書を経て,60年衆議院議員。自由民主党の政策マンとして地位を築き,以後 10回の当選を果し,その間,防衛庁長官,科学技術庁長官,通産大臣外務大臣などを歴任竹下登内閣退陣後,89年6月首相に就任。「リクルート事件」と自身のスキャンダルによって参議院選挙での与野党大逆転を招き,同年8月首相を引責辞任。就任期間 69日間の短命内閣に終った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

うの‐そうすけ【宇野宗佑】

[1922~1998]政治家。滋賀の生まれ。陸軍少尉として終戦を迎え2年間のシベリア抑留を体験。昭和35年(1960)衆議院議員初当選。竹下内閣の外相だった平成元年(1989)にリクルート事件で内閣総辞職。他の有力閣僚らが軒並み事件に関わっていたため、党内基盤が弱いながら首相に就任した。直後の参院選大敗や女性スキャンダルに見舞われ、在任69日で退陣。→海部俊樹

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

宇野宗佑【うのそうすけ】

政治家。滋賀県出身。神戸商大中退。滋賀県議を経て,1960年自由民主党から衆議院議員に当選。1974年防衛庁長官として初入閣,以後,通産相,外相などを歴任する。
→関連項目海部俊樹海部俊樹内閣竹下登内閣

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宇野宗佑 うの-そうすけ

1922-1998 昭和後期-平成時代の政治家。
大正11年8月27日生まれ。河野一郎の秘書をへて,昭和35年衆議院議員(当選12回,自民党)。第2次田中内閣の防衛庁長官をはじめ,通産相,外相などを歴任。平成元年首相となるが,リクルート事件などの逆風みずからの女性スキャンダルにより参議院選挙に敗れ,在任69日間で辞任した。平成10年5月19日死去。75歳。滋賀県出身。神戸商業大(現神戸大)中退。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うのそうすけ【宇野宗佑】

1922~1998) 政治家。滋賀県生まれ。神戸商大中退。通産相・外相などを歴任、1989年(平成1)6月首相となるも、同年七月の参院選で大敗し、二か月余で辞任。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宇野宗佑
うのそうすけ
(1922―1998)

政治家。滋賀県生まれ。神戸商業大学(現神戸大学)中退。1960年(昭和35)の総選挙で自民党から初当選。以後連続12回当選。河野派、のちに中曽根(なかそね)派に所属。第二次田中角栄内閣の防衛庁長官が初入閣。以来科学技術庁長官、行政管理庁長官、通産相を歴任。1989年(平成1)6月竹下登(のぼる)退陣の後、首相となり政治改革を主張するが、自らの女性スキャンダルや参議院選挙敗北により、わずか2か月余りで退陣、以後自民党最高顧問を務め、1996年政界を引退。[伊藤 悟]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

宇野宗佑の関連キーワード現憲法下の首相の在任期間自由民主党(日本)1989年参院選政策科学研究所内閣総理大臣日米構造協議新政策研究会橋本龍太郎麻垣康三海部内閣宇野内閣経世会宇野榮爵

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宇野宗佑の関連情報