コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇野宗佑内閣 うのそうすけないかく

百科事典マイペディアの解説

宇野宗佑内閣【うのそうすけないかく】

1989年6月3日〜1989年8月10日。自由民主党単独内閣。リクルート事件で退陣に追い込まれた竹下登に代わって宇野宗佑外相が自民党総裁に選出され(幹事長橋本龍太郎),総理大臣に就任。
→関連項目小泉純一郎

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宇野宗佑内閣
うのそうすけないかく

(1989.6.3~8.10 平成1)
リクルート事件で辞職した竹下登内閣にかわり成立した自由民主党内閣。発足直後に首相宇野宗佑自身の女性スキャンダルが発覚、1989年7月の参議院選挙で自由民主党が惨敗し、その責任をとって退任した。この間、首相はパリ・サミットに出席しただけで、消費税問題、日米経済摩擦に具体的対策を出せないまま、69日間の短命内閣となった。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

宇野宗佑内閣の関連キーワード新政策研究会宇野内閣海部俊樹経世会

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android