海部俊樹内閣(読み)かいふとしきないかく

日本大百科全書(ニッポニカ)「海部俊樹内閣」の解説

海部俊樹内閣
かいふとしきないかく

平成初期、海部俊樹を首班として組織された第一次、二次にわたる自由民主党内閣。

[編集部]

第一次

(1989.8.10~1990.2.28 平成1~2)
宇野宗佑(そうすけ)内閣が首相自身の女性問題と参議院選挙の敗北でわずか2か月で倒れたあと誕生した、海部俊樹を首班とする内閣。「公正で心豊かな社会の実現」などを唱えたが、最小派閥出身で党三役の経験もなく、発足当初から「緊急避難政権」などと軽量ぶりが指摘された。しかし、1990年2月の衆議院選挙で安定多数を獲得、自由民主党を復調させた。

[橋本五郎]

第二次

(1990.2.28~1991.11.5 平成2~3)
衆議院選挙勝利を受けて成立。日米首脳会談、ヒューストン・サミットなどをこなし、1990年夏には田中角栄内閣を上回る歴代最高の支持率を記録した。しかし、1990年8月に勃発(ぼっぱつ)した湾岸危機に際しての多国籍軍への支援、海上自衛隊の掃海艇派遣、国連平和維持活動(PKO)協力などで指導力不足が露呈。政治改革でも小選挙区比例代表並立制導入法案を提出したが、野党だけでなく自由民主党内の反対も強く廃案になった。これに反発した首相は衆議院解散で事態の打開を図ろうとしたが、最大支持基盤の竹下派が反対し「海部再選」もついえた。指導力不足が問われ続けながら、得意のパフォーマンスで国民からは終始高い支持率を得るというユニークな政権だった。

[橋本五郎]

『毎日新聞政治部著『検証 海部内閣――政界再編の胎動』(角川文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「海部俊樹内閣」の解説

海部俊樹内閣【かいふとしきないかく】

(1)第1次。1989年8月10日〜1990年2月28日。自由民主党単独内閣。宇野宗佑(そうすけ)の退陣をうけて海部俊樹が党総裁に選出され,総理大臣に就任(与野党逆転の参議院では日本社会党土井たか子を指名)。就任時のキャッチフレーズは〈政治への信頼の回復〉。1989年12月参議院本会議で決算不承認を決定(戦後初)。1990年2月18日の総選挙で自民党が勝利。(2)第2次。1990年2月28日〜1991年11月5日。自民党単独内閣。1990年8月イラク軍がクウェート侵入,湾岸地域の緊張が高まる。こうした動きのなか,10月政府,自民党は〈国連平和協力法案〉を国会に提出したが,野党の反対にあい廃案となる。1991年1月米,多国籍軍のイラクへの攻撃が始まり(湾岸戦争),政府,自民党は戦争支援策として多国籍軍への90億ドル援助を決定,4月には自衛隊の掃海艇をペルシア湾に派遣(戦後初の海外派遣)。海部政権成立時からの内政面の最大課題は〈政治改革〉で,海部首相は〈不退転の決意〉で〈政治改革法案〉を国会に提出したが,1991年9月会期切れを前に衆議院特別委で廃案とすることが決定され,内閣総辞職に追い込まれた。後継宮沢喜一

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android