守屋多々志(読み)もりや ただし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

守屋多々志 もりや-ただし

1912-2003 昭和-平成時代の日本画家。
大正元年8月10日生まれ。前田青邨(せいそん)にまなぶ。昭和16年院展に初入選,52年「駒競(こまくら)べ」で文部大臣賞,60年「愛縛清浄」で内閣総理大臣賞。平成8年文化功労者。13年文化勲章。歴史画で知られ,法隆寺金堂,高松塚古墳の壁画の再現・模写にもつくす。愛知県立芸大教授をつとめた。平成15年12月22日死去。91歳。岐阜県出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。本名は正。作品はほかに「継信忠信」「平家厳島納経」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

守屋多々志
もりやただし

[生]1912.8.10. 岐阜
[没]2003.12.22. 東京
日本画家。歴史画の第一人者。旧制中学校卒業後の 1930年に上京し,前田青邨 (せいそん) に師事。 1936年東京美術学校 (現東京芸術大学) を卒業。 1941年院展で『継信忠信』が初入選。 1954年からイタリアに2年間留学し,1967年に法隆寺金堂壁画の再現模写,1974年には高松塚古墳の壁画の保存模写にあたる。同じく 1974年,院展の同人に推挙され,また講師を務めていた愛知県立芸術大学の教授に就任 (~1978) する。 1977年『駒競べ』で院展文部大臣賞,1979年『平家厳島納経』で芸術選奨文部大臣賞,1985年『愛縛清浄』で院展内閣総理大臣賞をそれぞれ受賞。 1996年文化功労者に選ばれ,2001年文化勲章を受章。同 2001年生まれ故郷に大垣市守屋多々志美術館が開館。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

守屋多々志の関連情報