コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安寿・厨子王 あんじゅ・ずしおう

2件 の用語解説(安寿・厨子王の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

安寿・厨子王【あんじゅ・ずしおう】

説経節《山荘(さんしょう)太夫》に登場する姉弟。陰謀によって西国に流された奥州の領主岩城正氏の子で丹後の山荘太夫の奴婢(ぬひ)に売られ,姉の安寿は死ぬが,弟の厨子王はのがれて父の無実を晴らし,領地を回復,母と再会する伝説。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安寿・厨子王 あんじゅ・ずしおう

説話に登場する姉と弟。
奥州54郡の太守岩城(いわき)判官正氏の子。流罪になった父をたずね,母子で旅にでるが人買いにあい,母は佐渡(蝦夷(えぞ)地とも)に,姉弟は丹後の山椒太夫(さんしょうだゆう)にうられる。姉は弟をにがしたあと拷問(ごうもん)で死ぬ。弟は出世して山椒太夫を処刑し,母と再会する。中世から近世にかけ説経節浄瑠璃(じょうるり)の「山椒太夫」の物語となり,ひろまった。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

安寿・厨子王の関連キーワード妖精エルフ逆髪仁木弾正自来也スコルBEMハティ天邪鬼印南別嬢

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone