コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安寿・厨子王 あんじゅ・ずしおう

百科事典マイペディアの解説

安寿・厨子王【あんじゅ・ずしおう】

説経節《山荘(さんしょう)太夫》に登場する姉弟。陰謀によって西国に流された奥州の領主岩城正氏の子で丹後山荘太夫奴婢(ぬひ)に売られ,姉の安寿は死ぬが,弟の厨子王はのがれて父の無実を晴らし,領地を回復,母と再会する伝説。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安寿・厨子王 あんじゅ・ずしおう

説話に登場する姉と弟。
奥州54郡の太守岩城(いわき)判官正氏の子。流罪になった父をたずね,母子で旅にでるが人買いにあい,母は佐渡(蝦夷(えぞ)地とも)に,姉弟は丹後の山椒太夫(さんしょうだゆう)にうられる。姉は弟をにがしたあと拷問(ごうもん)で死ぬ。弟は出世して山椒太夫を処刑し,母と再会する。中世から近世にかけ説経節浄瑠璃(じょうるり)の「山椒太夫」の物語となり,ひろまった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android