安寿・厨子王(読み)あんじゅずしおう

世界大百科事典 第2版の解説

あんじゅずしおう【安寿・厨子王】

説経《山荘太夫(さんしようだゆう)》に出てくる姉弟の名。奥州54郡の主,岩城判官正氏はの勘気をこうむり,筑紫国安楽寺に流される。その子安寿,厨子王は父を慕いまた失われた領地を回復するため,母や乳母とともに京へ向かう。途中越後国直江津で人買いの山岡太夫にだまされ,母は蝦夷へ,弟は丹後由良の山荘太夫のところへ売られる。奴隷として姉は潮くみ,はしば刈りに従い酷使される。姉は弟を逃がすためにひとりとどまり,火責め水責めのにあって死ぬ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android