コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安満遺跡 あまいせき

世界大百科事典 第2版の解説

あまいせき【安満遺跡】

大阪府高槻市八丁畷町および高垣町一帯に存在する弥生時代の集落跡。昭和初年京都大学農学部摂津農場がつくられた際,多くの弥生式土器石器が発見された。1967年以後,高槻市および大阪府教育委員会による発掘調査によって,東西1200m,南北300m以上にわたる大規模な遺跡であることが明らかとなった。前期の集落は,現在の農場事務所を中心とする地域に営まれたもので,集落をめぐる直径約120mの溝が2条検出されていて,この地域に最初に伝わった稲作農耕を主とする集落のあり方をよく示している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

国指定史跡ガイドの解説

あまいせき【安満遺跡】


大阪府高槻市八丁畷町にある集落跡。三島平野の東端部に位置し、高槻市東部を流れる桧尾(ひお)川が形成した扇状地に位置する。遺跡は東西1.5km、南北600mの範囲にわたる大規模なもので、住居群、井戸などからなる居住域、水田・用水路などからなる生産域、方形周溝墓を中心とした墓域で構成され、弥生文化を知るうえで重要な遺跡であることから、1993年(平成5)に国の史跡に指定された。遺物は土器、石器、木器が大量に出土しており、日常生活用具、装身具、農工具、織機具、祭祀用具など多種多様なものが含まれており、他の地域から持ち込まれた遺物も数多くある。安満遺跡では、居住域、生産域、墓域の有機的な配置が判明し、しかも弥生前期から後期にいたる変遷を明確にたどることができる点や、豊富な出土遺物から弥生時代の生活様式を知りうる点で、きわめて高い学術的価値を有しているといわれている。JR東海道本線高槻駅から徒歩約15分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android