コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大内守護 おおうちしゅご

4件 の用語解説(大内守護の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大内守護
おおうちしゅご

禁裏を守護する番役。平安時代中期以降,近衛府兵衛府などの無力化に伴って設置され,源頼光大内守護となって以来,源氏が世襲した。鎌倉幕府成立後は,頼朝が御家人に結番勤仕させてこれを助けさせたが,承久の乱の際,大内守護であった頼政の孫頼茂が院の軍勢に襲われて自殺。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おおうち‐しゅご〔おほうち‐〕【大内守護】

皇居を守護した職名。平安中期以後に設置され、武家が世襲して承久の乱のころまで存続した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おおうちしゅご【大内守護】

平安中期~鎌倉前期,大内(大内裏中の内裏)警衛を管轄する職称。起源は明瞭でないが,《尊卑分脈》に源頼光を〈大内守護〉とするのが初例。以来頼光の子孫の世襲になったと思われ,平安末期源頼政の在職が確認される。ついで木曾義仲の在京中には,頼政の子頼兼が大内裏の守護にあたった。鎌倉幕府成立以後も頼兼の大内守護は継続されたが,1188年(文治4)頼兼は,自己の兵力のみでは任に耐えぬと幕府・朝廷に訴え,北陸の御家人が添えられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おおうちしゅご【大内守護】

皇居を警備する職。平安中期に設置。初め公卿で武勇の者を用い、のち武家をあてる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大内守護の関連キーワード殷富門大内裏大内裏図考証永福門会昌門敬法門乾臨閣内裏様不老門大内裏図

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone