大内守護(読み)おおうちしゅご

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「大内守護」の解説

大内守護
おおうちしゅご

禁裏を守護する番役。平安時代中期以降,近衛府兵衛府などの無力化に伴って設置され,源頼光が大内守護となって以来,源氏世襲した。鎌倉幕府成立後は,頼朝が御家人に結番勤仕させてこれを助けさせたが,承久の乱の際,大内守護であった頼政の孫頼茂が院の軍勢に襲われて自殺。以後大内守護の名は見えず,廃絶したと考えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「大内守護」の解説

おおうち‐しゅご おほうち‥【大内守護】

〘名〙 皇居を守護する職。平安中期以後設置。累代武家が世襲して承久頃まで存続した。
※吾妻鏡‐文治四年(1183)六月四日「大内守護事 頼兼申状。尤不便。他人結番可守護歟」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「大内守護」の解説

おおうち‐しゅご〔おほうち‐〕【大内守護】

皇居を守護した職名。平安中期以後に設置され、武家が世襲して承久の乱ころまで存続した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「大内守護」の解説

おおうちしゅご【大内守護】

平安中期~鎌倉前期,大内(大内裏中の内裏)警衛を管轄する職称。起源は明瞭でないが,《尊卑分脈》に源頼光を〈大内守護〉とするのが初例。以来頼光の子孫の世襲になったと思われ,平安末期源頼政の在職が確認される。ついで木曾義仲の在京中には,頼政の子頼兼が大内裏の守護にあたった。鎌倉幕府成立以後も頼兼の大内守護は継続されたが,1188年(文治4)頼兼は,自己の兵力のみではに耐えぬと幕府・朝廷訴え,北陸の御家人が添えられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android