コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富士川の戦い ふじがわのたたかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

富士川の戦い
ふじがわのたたかい

治承4 (1180) 年 10月 20日富士川下流の現在の富士市にあたる岸で行われた源平合戦 (→治承の内乱 ) の一つ。源頼朝征討のために京都から東進した平氏軍と鎌倉から西進した頼朝の軍勢とが戦った。平氏軍は水鳥の羽音を敵の大部隊の襲来と誤認して逃走したと伝えられる。頼朝はこの勝利によって,以後根拠地関東の支配を固める余裕を得た。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ふじがわ‐の‐たたかい〔ふじがは‐たたかひ〕【富士川の戦い】

治承4年(1180)源頼朝の軍と、追討のため京都から下向した平維盛(たいらのこれもり)らの軍が、富士川を挟んで行った合戦。平氏軍は水鳥の羽音を敵の襲来と誤認して敗走したという。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふじかわのたたかい【富士川の戦い】

1180年10月、富士川河口近くで行われた源平両軍の合戦。源頼朝追討の命をうけて東下した平維盛これもりを将とする平家軍は、夜半、水鳥の羽音を急襲と誤認して総退却したという。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

富士川の戦い
ふじがわのたたかい

駿河(するが)国富士川の河口付近で行われた源平の合戦。東国源氏の反乱を鎮圧するために下向した平維盛(これもり)を総大将とする平氏の遠征軍は、1180年(治承4)10月18日富士川西岸に布陣、片や源頼朝(よりとも)は、20日富士川近くの賀島(かしま)(静岡県富士市)まで兵を西進させた。しかしこの戦いの主導権は、すでに14日に富士山西麓(せいろく)の鉢田(はちだ)(静岡県富士宮(ふじのみや)市北部?)に駿遠(すんえん)両国の平氏方現地連合軍を撃破していた甲斐(かい)源氏の手中にあった。甲斐源氏の一族武田信義(たけだのぶよし)の軍勢が、20日夜半、遠征軍の背後に進出しようとしたところ、これに驚いて飛び立った水鳥の羽音を大軍の来襲と誤認した平氏軍は総崩れとなって壊走したという。この勝利により、東国における源氏の優位が確立した。[杉橋隆夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

富士川の戦いの関連キーワード源平の合戦源頼政以仁王以仁王鎌倉幕府安徳天皇フィリップ[2世]大庭景親工藤茂光佐奈田義忠

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone