コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富士川の戦い ふじがわのたたかい

4件 の用語解説(富士川の戦いの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

富士川の戦い
ふじがわのたたかい

治承4 (1180) 年 10月 20日富士川下流の現在の富士市にあたる岸で行われた源平合戦 (→治承の内乱 ) の一つ。源頼朝征討のために京都から東進した平氏軍と鎌倉から西進した頼朝の軍勢とが戦った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふじがわ‐の‐たたかい〔ふじがは‐たたかひ〕【富士川の戦い】

治承4年(1180)源頼朝の軍と、追討のため京都から下向した平維盛(たいらのこれもり)らの軍が、富士川を挟んで行った合戦。平氏軍は水鳥の羽音を敵の襲来と誤認して敗走したという。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ふじかわのたたかい【富士川の戦い】

1180年10月、富士川河口近くで行われた源平両軍の合戦。源頼朝追討の命をうけて東下した平維盛これもりを将とする平家軍は、夜半、水鳥の羽音を急襲と誤認して総退却したという。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

富士川の戦い
ふじがわのたたかい

駿河(するが)国富士川の河口付近で行われた源平の合戦。東国源氏の反乱を鎮圧するために下向した平維盛(これもり)を総大将とする平氏の遠征軍は、1180年(治承4)10月18日富士川西岸に布陣、片や源頼朝(よりとも)は、20日富士川近くの賀島(かしま)(静岡県富士市)まで兵を西進させた。しかしこの戦いの主導権は、すでに14日に富士山西麓(せいろく)の鉢田(はちだ)(静岡県富士宮(ふじのみや)市北部?)に駿遠(すんえん)両国の平氏方現地連合軍を撃破していた甲斐(かい)源氏の手中にあった。甲斐源氏の一族武田信義(たけだのぶよし)の軍勢が、20日夜半、遠征軍の背後に進出しようとしたところ、これに驚いて飛び立った水鳥の羽音を大軍の来襲と誤認した平氏軍は総崩れとなって壊走したという。この勝利により、東国における源氏の優位が確立した。[杉橋隆夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

富士川の戦いの関連キーワードスズ118番関水スーパーバンタム級統一展望台奥久慈だいご118番の日コメ余りブラームス:6つの小品 Op.118/piano solo

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone