コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倉橋島 くらはしじま

7件 の用語解説(倉橋島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

倉橋島
くらはしじま

広島県南西部,呉市の南西部にある島。音戸大橋で本土と連絡し,早瀬大橋で早瀬瀬戸をまたいで東能美島 (→能美島 ) と結ばれ,国道 487号線が通じる。全島が花崗岩からなる。古くから石材産出と木造船業と船乗りの島として知られるが,現在では兼業によるミカン栽培も行なわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

くらはし‐じま【倉橋島】

広島県南西部、広島湾の入り口にある島。本土との間に音戸ノ瀬戸、西の能美島との間には早瀬瀬戸があり、ともに大橋で結ばれる瀬戸内海の交通の要地。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

倉橋島【くらはしじま】

広島県南部の面積69.46km2の島。音戸ノ瀬戸にかかる音戸大橋で呉市と連絡し,安芸(あき)郡音戸倉橋の2町からなる(2町ともに現・呉市)。全島花コウ岩質の山地で,集落は屈曲に富む海岸に点在。
→関連項目広島[県]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くらはしじま【倉橋島】

広島県南部,広島湾の南東にあり,能美島,江田島などとともに芸予諸島の西部を構成し,本土との間に呉湾を抱く。島の北半は安芸郡音戸(おんど)町,南半は倉橋町(南部の鹿島も含む)に属する。面積68.6km2。両町合わせた人口は2万4627(1995)。1961年北端の音戸大橋が完成して呉市に陸続きとなり,さらに早瀬大橋で西方の能美島と,鹿島大橋で南方の鹿島と結ばれた。島全体は黒雲母花コウ岩からなるが,広島県西部を特徴づける北東~南西方向に走る数本の断層線で分断されているため,地形は同方向に走る細長い山塊と,その間に深く食い込む入江によって特徴づけられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

くらはしじま【倉橋島】

広島県南西部、広島湾南東にある島。平清盛の音戸瀬戸の開削以来、瀬戸内海の交通の要衝。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔広島県〕倉橋島(くらはしじま)


瀬戸内海西部、広島湾湾口に位置する島。面積69.5km2。全島が広島県呉(くれ)市に属する。北端部の音戸(おんど)大橋で本土と、西岸の早瀬(はやせ)瀬戸に架かる早瀬大橋で能美(のうみ)島と結ばれる。岳浦(たけうら)山(標高491m)を最高峰とする花崗(かこう)岩の山地が連なり、南東端に陸繋島(りくけいとう)の鹿老渡(かろうと)島がある。ミカン栽培を中心に沿岸漁業とカキの養殖が盛ん。南岸付近が瀬戸内海国立公園に指定される。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

倉橋島
くらはしじま

広島県南西部、広島湾の入口にある島。北は音戸(おんど)大橋を経て呉(くれ)市警固屋(けごや)に、西は早瀬(はやせ)大橋を経て能美島(のうみじま)・江田島(えたじま)、南は鹿島(かしま)大橋で鹿島に続く。面積69.56平方キロメートル、人口2万2222(2000)。かつては長門(ながと)島とよばれ、呉市に属する。全島花崗(かこう)岩からなり、標高200~400メートルの山地で占められる。海岸線は出入りに富み、入り江の奥に集落がある。島の南部は景観に優れ瀬戸内海国立公園の一部となっている。本浦などは古くから木造船の製造が盛んであり、また桂浜(かつらはま)や鹿老渡(かろうと)は古くから港町として知られた。山頂まで階段状に耕され、ミカンのほかジャガイモ、野菜などが栽培される。沿岸漁業やカキ、ノリ、ハマチの養殖、石材の積み出しなども行われる。[北川建次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

倉橋島の関連情報