コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蒲刈 かまがり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蒲刈
かまがり

広島県南西部,呉市中南部の旧町域。芸予諸島西部の上蒲刈島からなる。 1956年上蒲刈島村,向村が合体して町制。 2005年呉市に編入。山がちで耕地大部分がミカン栽培地。漁業の主体はカキ,ノリの養殖である。西泊観音,荘厳寺などの古刹,復元された自然海岸の県民の浜などがある。西の下蒲刈島とは蒲刈大橋で結ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蒲刈
かまがり

広島県南部、安芸(あき)郡にあった旧町名(蒲刈町(ちょう))。現在は呉(くれ)市の一地区。上蒲刈島全域からなる。旧蒲刈町は1956年(昭和31)上蒲刈島、向(むかい)の2村が合併して成立。2005年(平成17)呉市に編入。西方の下蒲刈島とは蒲刈大橋で結ばれ、さらに下蒲刈島の安芸灘(なだ)大橋(2000年完成)を通じて本土と結ばれている。中世から小ミカンが栽培され蒲刈ミカンとして知られた。現在も温州(うんしゅう)ミカンなど柑橘(かんきつ)類の栽培が盛んである。沿岸漁業も行われるが、近年は呉市の中心市街地への通勤者が多くなった。西岸で石灰石の採掘が行われていたが、資源の欠乏により閉山、その後は砕石場が進出している。1974年太田川から水を引く県営安芸灘水道により、長年の水不足は解消した。[北川建次]
『『蒲刈町誌』全3巻(1995~2000・蒲刈町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

蒲刈の関連キーワード広島県呉市下蒲刈町三之瀬広島県呉市蒲刈町大浦朝鮮通信使遺跡川尻(広島県)下蒲刈[町]下蒲刈〈町〉蘭島閣美術館広島(県)蒲刈〈町〉広島県呉市蒲刈[町]永野 重雄海人の藻塩呉(市)瀬戸内海下黒島上黒島安芸灘下蒲刈斎灘

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蒲刈の関連情報