コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蒲刈 かまがり

2件 の用語解説(蒲刈の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蒲刈
かまがり

広島県南西部,呉市中南部の旧町域。芸予諸島西部の上蒲刈島からなる。 1956年上蒲刈島村,向村が合体して町制。 2005年呉市に編入。山がちで耕地の大部分がミカン栽培地。漁業の主体はカキ,ノリの養殖である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蒲刈
かまがり

広島県南部、安芸(あき)郡にあった旧町名(蒲刈町(ちょう))。現在は呉(くれ)市の一地区。上蒲刈島全域からなる。旧蒲刈町は1956年(昭和31)上蒲刈島、向(むかい)の2村が合併して成立。2005年(平成17)呉市に編入。西方の下蒲刈島とは蒲刈大橋で結ばれ、さらに下蒲刈島の安芸灘(なだ)大橋(2000年完成)を通じて本土と結ばれている。中世から小ミカンが栽培され蒲刈ミカンとして知られた。現在も温州(うんしゅう)ミカンなど柑橘(かんきつ)類の栽培が盛んである。沿岸漁業も行われるが、近年は呉市の中心市街地への通勤者が多くなった。西岸で石灰石の採掘が行われていたが、資源の欠乏により閉山、その後は砕石場が進出している。1974年太田川から水を引く県営安芸灘水道により、長年の水不足は解消した。[北川建次]
『『蒲刈町誌』全3巻(1995~2000・蒲刈町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蒲刈の関連キーワード芸予諸島・藝予諸島因島[市]大崎〈町〉音戸〈町〉蒲刈〈町〉下蒲刈〈町〉瀬戸田〈町〉広島県呉市中央豊浜〈町〉広島県呉市中通

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

蒲刈の関連情報