コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宋襄の仁 ソウジョウノジン

デジタル大辞泉の解説

そうじょう‐の‐じん〔ソウジヤウ‐〕【宋×襄の仁】

《「春秋左伝」僖公二二年から》無益の情け。つまらない情けをかけてひどい目にあうこと。襄公楚(そ)と戦ったとき、公子の目夷(もくい)が敵が陣を敷かないうちに攻めようと進言したが、襄公が人の困っているときに苦しめてはいけないと言って敵に情けをかけたために負けてしまったという故事による。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

そうじょうのじん【宋襄の仁】

〔宋と楚との戦いの際、宋の公子目夷が楚の布陣しないうちに攻撃しようと進言したが、襄公は君子は人の困っているときに苦しめてはいけないといって攻めず、楚に敗れたという「左氏伝僖公二十二年」の故事による〕
不必要な哀れみを施してひどい目にあうこと。無益の情け。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宋襄の仁
そうじょうのじん

不必要な情けや哀れみをかけたために、かえって小ひどいめにあうこと。「宋の襄公の仁義」の意。中国、春秋時代に宋の襄公茲父(じほ)が楚(そ)との戦いに際して、「楚の布陣が完了しないうちに先制攻撃をかけよう」という公子目夷(もくい)の進言を、「君子は人が困っているときに苦しめてはならない」といって退け、ついに楚に敗れてしまったのを、世人が「宋襄の仁」といって笑った、と伝える『十八史略』「一」などの故事による。[田所義行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

宋襄の仁の関連キーワード総合年表(北・東・東南アジア)宋(中国、周代の諸侯国)襄公[宋]君子

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android