宗七(初代)(読み)そうしち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宗七(初代) そうしち

?-1766 江戸時代中期の陶工。
筑前(ちくぜん)(福岡県)博多の素焼き物細工師。宗七焼の祖。楽面もつくった。家祖播磨(はりま)(兵庫県)の人で,黒田孝高(よしたか)につかえて福岡城築城にしたがった瓦(かわら)師。明和3年1月4日死去。姓は正木

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android