コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梵灯 ボントウ

2件 の用語解説(梵灯の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぼんとう【梵灯】

[1349~?]室町前期の連歌師。出雲の人。俗名、朝山師綱(もろつな)。足利義満に仕えたが、出家して各地を遊歴。連歌を二条良基に学び、その没後は連歌界の重鎮となった。著「梵灯庵袖下集」「梵灯連歌合(れんがあわせ)」「梵灯庵主返答書」など。梵灯庵。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

梵灯
ぼんとう
(1349―?)

室町前期の連歌師。俗名朝山小次郎師綱(もろつな)。出雲(いずも)国(島根県)朝山郷の出身で、足利義満(あしかがよしみつ)に近侍した。和歌は冷泉(れいぜい)為秀に、連歌は二条良基、周阿に学んだ。1385年(元中2・至徳2)10月18日の石山寺倉坊での『何船(なにふね)百韻』などに一座。91年(元中8・明徳2)と1404年(応永11)に将軍の使者として九州薩摩(さつま)に下向。出家後、東国巡遊。晩年は京洛(きょうらく)の連歌界に復帰。『袖下(そでした)集』『長短抄』『梵灯連歌合』『梵灯庵主(あんじゅ)返答書』などの著があり、宗砌(そうぜい)の『初心求詠集』も、梵灯の教えを祖述したものである。『新後拾遺(ごしゅうい)集』『新続古今(しんしょくこきん)集』にも各一首入集されている。[島津忠夫]
『木藤才蔵著『連歌史論考 上』(1971・明治書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

梵灯の関連キーワード紹九宗柳梵灯庵朝山梵灯庵里村昌億三甫瀬川昌佐土屋永輔阪昌周山田通孝

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone