コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

官僚資本 かんりょうしほん

2件 の用語解説(官僚資本の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

官僚資本【かんりょうしほん】

中国の半植民地・半封建経済を基礎に発生した独占資本。古くは土地に投資して大地主となった官僚の資本を意味し,アヘン戦争後は外国資本の援助下に発展した,大銀行家・大買弁の性格を兼ねた大地主資本をいう。
→関連項目四大家族

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんりょうしほん【官僚資本 guān liáo zī běn】

民族資本と対立する概念。とくに,中国共産党の革命運動で生み出された概念である。民族資本は反帝・反封建闘争に参加する可能性があるが,官僚資本は結果的に革命の物的条件を用意するものではあっても,旧勢力(大地主,大商業資本)を維持強化するだけでなく,民族的利益を外国帝国主義に売り渡す買弁的性格しかない,として毛沢東たちによって非難されたものである。毛沢東の〈連合政府論〉(1945)では,〈大地主,大銀行家,大買弁の資本をいう〉と説明され,〈当面の情勢とわれわれの任務〉(1947)ではさらに,〈外国帝国主義ならびに国内の地主階級・旧式富農とかたく結びついた封建的買弁的独占資本〉として,その反動性,買弁性が強調された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

官僚資本の関連情報