コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一般職 いっぱんしょくregular service

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一般職
いっぱんしょく
regular service

特別職に対比される国家公務員および地方公務員の職の分類で,国家公務員法および地方公務員法の規定の適用を受けるものをいう。アメリカの公務員法における職階制職はほぼこれに該当する。日本では各省の事務次官以下の職がこれにあたるが,一般職の範囲は積極的に列挙されておらず,特別職を除いた一切の職をさすものとされている。ただし教育公務員や外務公務員は,その職の特殊性により特例が認められている。 (→公務員 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いっぱん‐しょく【一般職】

企業で、主に一般業務に当たる職。原則として転勤はないが、昇進は限られる。→総合職
国家公務員地方公務員において、国会議員裁判官国務大臣など特別職を除く一切の職。→特別職
平成25年度(2013)から実施される一般職試験で採用された国家公務員の通称。→総合職

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

一般職【いっぱんしょく】

(1)特別職以外の国家公務員または地方公務員の一切の職。国家公務員法または地方公務員法の適用を受ける。しかし一般職の職員の職務と責任の特殊性に基づいて,別に法律または人事院規則で特例が定められ,その適用を受ける場合(たとえば外務公務員,教育公務員)がある。
→関連項目国籍条項国家公務員法歳費男女平等地方公務員法吏員

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

いっぱんしょく【一般職】

特別職以外の国家および地方公務員の一切の職。
企業で、主に日常的業務のみを行い、転居を伴う人事異動がなく、昇進・昇級に限度がある職。 → 総合職
会社などで、管理職でない正規雇用の従業員。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の一般職の言及

【公務員】より

…しかし,一般的に公務員という場合には,公選による議員を除いたそれ以外の公務を担当する職員をさす。さらに狭義には,国家公務員法または地方公務員法が適用される,いわゆる一般職の職員だけをさすことが多い(公務員の実定法上の語義や種類については後に詳説)。英語でこの言葉に該当するcivil serviceは,イギリス支配下のインド行政ではじめて使用され,その後イギリス国内に公開競争試験の原則が導入される過程で一般的に使用されるようになった。…

※「一般職」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

一般職の関連キーワード国家公務員災害補償法コース別人事制度専門スタッフ職総合職・一般職内閣特別顧問内閣官房参与一般職給与法非正規公務員専門行政職内閣府参与地方警務官職員団体人事異動懲戒処分正規雇用二種試験巡査部長行政職研究職警部補

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一般職の関連情報