コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定住圏 ていじゅうけん

世界大百科事典 第2版の解説

ていじゅうけん【定住圏】

1977年11月に閣議決定した第3次全国総合開発計画(三全総)は,〈大都市への人口と産業の集中を抑制し,一方,地方を振興し,過密過疎問題に対処しながら,全国土の利用の均衡を図りつつ,人間居住の総合的環境の形成を図る〉ための方式(定住構想)を打ち出した。そして81年度から,定住構想の具体化である全国40地域のモデル定住圏の計画がスタートした。これは,新全総(新全国総合開発計画,1969)にも含まれていた広域生活圏形成の考え方が,時代の要請に従ってクローズアップされた構想ともいえる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

定住圏
ていじゅうけん

1977年(昭和52)に策定された定住構想を具体化するために考えられた生活圏のこと。都市、農山漁村を一帯として、山地、平野部、海の広がりをもつ圏域で、全国はおよそ200ないし300の定住圏からなる。新全国総合開発計画(新全総)で強調された「広域生活圏」ないし自治省(現総務省)の「広域市町村圏」にほぼ対応している。第三次全国総合開発計画(三全総)においては、まず生活圏のもっとも基本的な単位として、50ないし100程度の世帯からなる「居住区」を考え、これが複数集まってコミュニティの基礎となる「定住区」が形成され、さらに定住区が複合して「定住圏」を形づくるとされた。モータリゼーションと情報化の進展が生活圏を広域化させつつある。政府はモデル定住圏として40圏域を選定したが、その平均人口規模は25万人で、整備の基本方向としては、就業機会の拡大、教育・文化の向上、健康・医療の確保が強調されている。[伊藤善市]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の定住圏の言及

【地域開発】より

…公害反対を中心とする住民運動,地価高騰そして石油ショックが,この巨大開発の進行を止めた。(4)定住圏開発方式 過密過疎問題の深刻化や公害の多発は,国民の目的意識を成長から福祉へとかえた。〈地方の時代〉や〈文化の時代〉といわれるように,人口の地方への定着が始まり,自然や歴史的環境と共存する経済の発展が求められるようになった。…

※「定住圏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

定住圏の関連キーワード定住自立圏構想Jターン現象鳥取(県)広域圏大方

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

定住圏の関連情報