コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実川延若(1世) じつかわえんじゃく[いっせい]

1件 の用語解説(実川延若(1世)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

実川延若(1世)
じつかわえんじゃく[いっせい]

[生]天保2(1831).6.23. 大坂
[没]1885.9.18. 大阪
歌舞伎俳優。屋号河内屋。本名天星庄八。芝居茶屋の養子から,2世実川額十郎の門弟となり,一時4世尾上菊五郎の養子となって尾上梅幸を名のったが,文久2 (1862) 年実川延若となる。容貌はすぐれなかったが,色気のあるはなやかな芸風で,純上方風の和事を得意とし,明治初期から中期の上方を代表する名優。当り役は『桂川』の長右衛門,『冥途の飛脚』の忠兵衛など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

実川延若(1世)の関連キーワードゴローニンメイランペドロ帰国事業と日本人妻在日朝鮮人の北朝鮮への帰還事業荒木寛畝ガイアナ喜撰気比神宮ゲベール銃

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone