コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実川延若 ジツカワエンジャク

5件 の用語解説(実川延若の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じつかわ‐えんじゃく〔ジツかは‐〕【実川延若】

大阪の歌舞伎俳優。屋号は河内屋
(初世)[1831~1885]本名、天星庄八。和事・濡(ぬ)れ事をよくし、4世嵐璃寛(あらしりかん)・中村宗十郎とともに京坂劇壇の三羽烏(さんばがらす)とよばれた。
(2世)[1877~1951]初世の長男。和事の名手であったが、丸本物(まるほんもの)の実事も得意とした。当たり役に「夏祭浪花鑑」の団七、「楼門五山桐(さんもんごさんのきり)」の石川五右衛門など。
(3世)[1921~1991]2世の長男。父譲りの和事のほか、幅広い役柄をこなした。当たり役に「封印切」の忠兵衛など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

実川延若【じつかわえんじゃく】

歌舞伎俳優。3世まで。屋号河内屋。初世〔1831-1885〕は2世実川額十郎の門弟。和事(わごと)の名手として明治の上方(かみがた)で活躍。2世〔1877-1951〕は初世の長男。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

じつかわえんじゃく【実川延若】

歌舞伎俳優。屋号河内屋。(1)初世(1831‐85∥天保2‐明治18) 1841年(天保12)に2世実川額十郎に入門,56年(安政3)に6世市川団蔵に伴われて江戸へ下り,4世尾上菊五郎の養子となった。63年(文久3)には額十郎の門に復し,その3月師の俳名延若を譲られた。上方系二枚目役を得意とし,明治初年には和事の名手として京阪三羽烏の一人に数えられた。(2)2世(1877‐1951∥明治10‐昭和26) 初世の長男。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

じつかわえんじゃく【実川延若】

大阪の歌舞伎俳優。屋号は河内屋。
(初世)(1831~1885) 大阪生まれ。純上方風の芸風で和事にすぐれ、四世嵐璃寛りかん・中村宗十郎とともに京阪三羽烏と称された。
(二世)(1877~1951) 初世の長男。前名、延二郎。和事を得意としたが、武道・実事をもよくし、大正から昭和にかけて関西を代表した。当たり芸は「楼門さんもん」の五右衛門、「雁のたより」の五郎七など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

実川延若
じつかわえんじゃく

歌舞伎(かぶき)俳優。屋号は河内屋(かわちや)[服部幸雄]

初世

(1831―85)大工職の子とも伯耆(ほうき)国(鳥取県)の家老の落胤(らくいん)とも伝えられる。大坂の道頓堀(どうとんぼり)筑後(ちくご)芝居の前茶屋河内屋庄兵衛(しょうべえ)(河庄)の養子となった。青年時代は2世実川額十郎(がくじゅうろう)の門に入り、浜芝居で修業した。1856年(安政3)に江戸に下り、一時、4世尾上(おのえ)菊五郎の養子になり尾上梅幸と名のった。やがて大坂に帰り、63年(文久3)3月、師匠の額十郎の俳名を譲られて実川延若と改名した。世話物とくに上方(かみがた)系の和事(わごと)の名手として、4世嵐璃寛(あらしりかん)・中村宗十郎と並んで、京坂の三頭目とされた。[服部幸雄]

2世

(1877―1951)初世の長男。1915年(大正4)実川延二郎から2世延若となる。明治末期から大正・昭和にかけ、初世中村鴈治郎(がんじろう)とともに関西の代表的俳優として活躍した。父の芸風を継ぎ、和事に優れたほか、丸本物の実事(じつごと)系の役にも優れた技芸をみせた。50年(昭和25)日本芸術院会員になった。[服部幸雄]

3世

(1921―91)2世の長男。1963年(昭和38)に延二郎から3世を襲名した。立役(たちやく)から女方(おんながた)まで幅の広い役柄をこなし、古風で錦絵(にしきえ)に登場するようなユニークなマスクの持ち主であった。延二郎の時代には武智(たけち)歌舞伎でも活躍した。[服部幸雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

実川延若の関連キーワード尾上菊五郎(六代)実川延若(二世)歌舞伎子歌舞伎役者成田屋播磨屋市川宗三郎(2代)河内屋源七実川延若(3代)柴崎林左衛門(4代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

実川延若の関連情報