コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

客体 カクタイ

デジタル大辞泉の解説

かく‐たい【客体】

きゃくたい(客体)

きゃく‐たい【客体】

主体の認識・行為などの対象となるもの。かくたい。⇔主体
から独立して存在する外界の事。客観。かくたい。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かくたい【客体】

きゃくたい【客体】

(「客観」が多く認識論的意味で用いられるのに対し、どちらかと言えば存在論的・倫理学的意味で)行為・実践の対象となるもの。 ↔ 主体

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

客体
きゃくたい

客観」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の客体の言及

【西洋哲学】より

…この〈ヒュポケイメノン〉がラテン語ではsubjectum(下に投げ出されてあるもの)と訳され,〈シュンベベコス〉がaccidens(偶有性)と訳されて,〈基体‐属性〉というこのとらえ方は中世のスコラ哲学や,さらには近代哲学にもそのまま受けつがれてゆくのである。
【主観‐客観と主体‐客体】
 〈ヒュポケイメノン〉のラテン訳であるsubjectumという言葉は,スコラ哲学や近代初期の哲学においては,それ自体で存在し,もろもろの作用・性質・状態を担う〈基体〉という意味で使われていた。ホッブズやライプニッツは魂をsubjectumと呼んでいるが,それも感覚を担う基体という意味においてであり,そこには〈主観〉という意味合いはない。…

※「客体」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

客体の関連キーワード代替物・不代替物ワイツゼッカー歴史と階級意識オブジェクト水利地益税毀棄隠匿罪事上磨練二項対立無分別智文化資本保険種類課税標準リップスオブジェ対他存在生産手段課税物件第二の性キアスム財産権

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

客体の関連情報