コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

委任事務(読み)イニンジム

百科事典マイペディアの解説

委任事務【いにんじむ】

地方公共団体の事務のうち,本来の仕事ではなく,国または他の地方公共団体から委任された事務のこと。地方公共団体自体に委任された団体委任事務と,地方公共団体の長または機関に委任された機関委任事務がある。具体的には,(1)保健所の設置,(2)伝染病院の設置・管理,(3)生活保護関連事務,(4)失業対策事業,(5)戸籍・住民登録事務,(6)国会議員の選挙事務,(7)河川の維持・管理などがある。このうち(5)〜(7)は機関委任事務で,この機関委任事務に対しては国が必ず財政的な措置を講じなければならないことになっている。また,この機関委任事務については,地方分権推進の立場から整理・統合が検討され,1994年の第24次地方制度調査会の答申では機関委任事務の廃止が盛り込まれ,さらに1995年5月の地方分権推進法でも〈廃止を含め〉た整理・統合を求めるとされたが,1999年7月の〈地方分権一括法〉で廃止されることになった。同法により事務区分の再構成や権限の移譲が定められている(2000年4月施行)。
→関連項目行政改革職務執行命令訴訟地方分権

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いにんじむ【委任事務】

地方公共団体の仕事は多様であるが,その中には国および他の地方公共団体から執行を委任された事務が多数を占めている。これを一般に委任事務というが,講学上それは〈機関委任事務〉と〈団体委任事務〉に分類される。前者は地方公共団体の長その他の機関に執行が委任された事務,後者は団体に執行委任された事務と解釈されている。機関委任事務は,地方自治体の機関が国その他公共団体の機関たる資格において処理することを理由に,地方議会にはそれについての議決権が認められていない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いにんじむ【委任事務】

法律または政令により、地方公共団体およびその機関に委任される、国または他の地方公共団体の事務。団体委任事務と機関委任事務があるが、団体委任事務だけをさしていうこともある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

委任事務
いにんじむ

2000年(平成12)の地方分権改革以前の観念で、地方公共団体が国または他の公共団体から委任を受けて処理する事務をいう。正しくは団体委任事務といい、地方公共団体の本来の仕事である固有(公共)事務に対するものであった。[阿部泰隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

委任事務の関連情報