コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家族政策 かぞくせいさく

1件 の用語解説(家族政策の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かぞくせいさく【家族政策】

家族の経済的ならびに社会的な状況の改善のために,国家が家族の形成に影響を及ぼす諸措置の総体をさす。家族政策は,家族問題を中心の核とした総合的性格をもち,その範囲も広範にわたるのでその体系化は難しい。家族政策Familienpolitikという言葉は,ドイツではすでに早く1918年ごろから人口政策とのかかわりで用いられた。60年代以降は,西ドイツを中心としたヨーロッパ諸国で,研究上も政策上も重視されてきているものの,いまだに,どの国でもその体系化は完成していない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

家族政策の関連キーワード社会的リスク経済主義農民運動婦人問題単身赴任社会的存在社会分化並びに農民一揆マルチビジュアル

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

家族政策の関連情報